Research press release

【生態】道具の使い方が似ているイルカどうしが群れる

Nature Communications

Ecology: Dolphins clique in more ways than one

海綿を狩猟の道具に使っているシャークベイ(オーストラリア)のハンドウイルカが、自分たちと同じように海綿を用いるイルカを好むとする見解を示した論文が、今週、Nature Communicationsに掲載される。このことは、海綿を利用するイルカが、社会的に学習した技能によって、イルカ集団において独自のグループを形成していることを暗示しており、このイルカ種における文化的行動の存在を示唆している。

動物の道具使用は知能に関連しているが、ヒトだけが文化的行動を示す動物なのかどうかは明らかでない。今回、J Mannたちは、社会的ネットワーク分析を用いて、22年間にわたってシャークベイに生息する海綿を用いるイルカと用いないイルカにおける社会的選好を調べた。その結果、海綿を用いるイルカは、群れをなす傾向が強く、海綿を用いないイルカよりも海綿を用いるイルカの仲間の数が多く、お互いの絆も強かった。この研究で得られた知見は、海綿を道具として利用することが、文化的行動の一種であり、ハンドウイルカが、ヒトの場合と同様に、同じサブカルチャーを有する他者と仲間になることを好む可能性があることを示唆している。

Shark Bay bottlenose dolphins that use marine sponges as hunting tools appear to prefer other ‘spongers’ like themselves reports a paper published in Nature Communications this week. This implies the spongers represent a distinct group from other dolphins in the population through a socially learned skill, suggesting the presence of cultural behaviour in this species.

Animal tool use is related to intelligence, but it is not clear whether humans are the only animals to display cultural behaviour. Janet Mann and colleagues used social network analysis to define social preferences among spongers and non-spongers in Shark Bay, Australia over a 22-year period. They found that spongers were more ‘cliquish’ and had more sponger associates and stronger bonds with each other than with non-spongers. This finding suggests that sponge tool-use is a form of cultural behaviour and, like humans, bottlenose dolphins may prefer to associate with others who share their subculture.

doi: 10.1038/ncomms1983

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度