Research press release

無鉛強誘電体の特性向上

Nature Communications

Lead-free ferroelectrics enhanced

毒性のない材料の圧電特性を高める機構について報告する論文が、今週、Nature Communicationsに掲載される。この新知見は、数々の技術的応用に用いることのできる高性能の非毒性圧電材料の作製に道を開くことが期待される。 実用的な用途で最もよく使われる圧電材料には、毒性元素である鉛が含まれている。今回、T Slukaたちは、「帯磁磁壁」という欠陥の果たす役割を調べることで、帯磁磁壁によって無鉛材料の圧電特性を向上させるという意外な機構を明らかにした。

A mechanism that enhances the piezoelectric properties of non-toxic materials is reported in Nature Communications this week. This finding could pave the way for the fabrication of high-performance yet non-toxic piezoelectric materials for technological applications. The piezoelectric materials most commonly used in practical applications contain lead, a toxic element. By examining the role played by defects known as charged domain walls, Tomas Sluka and co-workers identify an unexpected mechanism through which these can lead to enhanced piezoelectric properties in lead-free materials.

doi: 10.1038/ncomms1751

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度