Research press release

宿主によるHIV感染制御

Nature Communications

Host control of HIV infection

一部の患者において、宿主の要因が、HIV-1感染におけるウイルス量の制御に何らかの役割を果たしていると考えられることが、今週、Nature Communicationsに掲載されるJ Blanksonたちの論文によって明らかになった。この研究では、2人の患者(1人はウイルス量が非常に少なく、もう1人のウイルス量は検出レベル以下)のウイルス複製に異常のないことがわかった。Blanksonたちは、血流中のHIV-1の量を制御しているのがウイルスの異常ではなく、患者自身の要因だと考えている。 非常に少ないウイルス量を維持するHIV-1の患者はヴィレミックコントローラー(viremic controller)と呼ばれ、ウイルス量が検出レベル以下のHIV-1感染者はエリートサプレッサー(elite suppressor)と呼ばれる。この2つのタイプの患者がウイルス量を低レベルに維持する過程は未解明だが、ウイルスの異常によって起こるとする学説が示されていた。今回、Blanksonたちは、エリートサプレッサーとヴィレミックコントローラーについての研究を行い、これらの患者から見つかったウイルスは、培養細胞中で増殖できることが明らかにして、これらの患者におけるウイルスに複製異常があるとする学説に異議を唱えている。この2種類の患者には、HIV疾患の進行を遅らせることが知られたCCR5遺伝子の遺伝的変異はなかった。今回得られた知見は、患者の何らかの要因でウイルス量が制御されていることを示唆しているが、その要因が何なのかは明らかでない。

Host factors seem to play a role in controlling the level of HIV-1 infection in some patients, according to research published in Nature Communications this week. The work describes that two patients, one with very low and another with undetectable levels of the virus, do not have defects in its replication. The researchers suggest this is not because of defects in the virus but factors in the patients themselves that control the circulating amounts of HIV-1. HIV-1 patients that maintain very low levels of virus are known as viremic controllers, other infected patients in whom the virus is undetectable are referred to as elite suppressors. How these two sets of patients maintain low levels of virus is unknown but has been suggested to occur due to a defective virus. Joel Blankson and colleagues studied an elite suppressor patient and a viremic controller patient and demonstrated that the virus found in these patients can multiply in cells in culture, discounting the theory that in these patients the virus was defective in replication. The two patients did not carry genetic variation in the CCR5 gene that is known to slow the progression of HIV disease. These findings suggest that unknown factors in the patients control the levels of virus.

doi: 10.1038/ncomms1697

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度