Research press release

熱に強い有機トランジスター

Nature Communications

Organic transistors resist feeling the heat

熱安定性に優れ、通常の医療用殺菌に耐えられる有機トランジスターが、今週、Nature Communicationsに発表される。熱に強く、フレキシブル(柔軟)なデバイスであるため、医療用途に役立つことが期待されている。 有機電子デバイスは、機械的に柔軟かつロバストで、センサーやディスプレイといった幅広い応用可能性がある。医療機器として必要とされるのが、殺菌温度に耐性のあるデバイスだが、そのような条件下に置かれた有機材料は、通常、劣化する。今回、染谷隆夫(そめや・たかお)たちは、摂氏160度までの高温にさらされても熱的に安定な有機トランジスターを用いて薄膜トランジスターを作製し、この新しいデバイスについて標準的な医療用殺菌を実施しても、トランジスターの性質は維持されたことを報告している。染谷たちは、このように柔軟性と薄膜構造を兼ね備えたデバイスが、医療環境での実用的な利用に有望だと結論づけている。

Organic transistors with excellent thermal stability, capable of withstanding typical medical sterilisation procedures, are presented in Nature Communications this week. The heat-resistant, flexible devices could prove useful for medical applications. Organic electronics are mechanically flexible and robust, offering a range of possible devices such as sensors or displays. Medical apparatus requires devices that can withstand exposure to sterilising temperatures, but organic materials usually degrade under such conditions. Takao Someya and colleagues fabricate thin film transistors based on organic semiconductors that are thermally stable after exposure to temperatures to up to 160°. The team report that they also retained their transistor characteristics after undergoing standard medical sterilisation procedures. They conclude that, combined with their flexibility and thin structure, these devices are promising for practical use in medical environments.

doi: 10.1038/ncomms1721

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度