Research press release

【電池】ナトリウム充電池の実現に向けた重要な一歩

Nature Communications

Batteries: Recharging sodium battery development

新しいタイプの固体充電池の開発に道を開く可能性のある電解質について報告する論文が、今週、Nature Communicationsに掲載される。この全固体ナトリウム充電池は、既存の電池技術に対する低コストで安全な代替技術となることが期待される。

今回、林晃敏(はやし あきとし)たちは、高いナトリウムイオン伝導性を示す硫化物ガラスセラミック電解質を開発した。そして、この電解質を用いて作られたナトリウム硫黄電池は、室温で動作した。これまで全固体ナトリウム硫黄電池の開発は難題だったが、今回の研究は、その実現に向けた重要な一歩前進といえる。

今後の研究の積み重ねによって実用的な全固体ナトリウム充電池が実現することが期待される。

An electrolyte reported in Nature Communications this week could help to pave the way towards a new type of solid-state rechargeable battery. Such all-solid-state sodium batteries could be a cheap and safe alternative to existing battery technologies.

Akitoshi Hayashi and colleagues developed a sulfide glass-ceramic electrolyte with ahigh sodium ion conductivity. Incorporation of the electrolyte into a sodium-sulphur battery allowed room temperature operation - an important step in developing all-solid-state sodium-sulphur batteries which has previously been difficult to achieve. Further work may lead to the realisation of practical all-solid-state rechargeable sodium batteries.

doi: 10.1038/ncomms1843

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度