Research press release

初期人類の居住地を分析する

Nature Communications

Analysing the early human habitat

アラミス(エチオピア)の樹木が散在する草原で、初期人類が河岸の森に居住していたことを示唆する研究が発表される。これまでの解釈では、初期人類が川から遠く離れた森林環境に居住していたとされるが、この新知見は、それとは対照的な内容となっている。初期人類の居住地を特定することは、二足歩行の発達など、初期人類の進化上の疑問を解明するうえで重要だ。 Ardipithecus ramidus(ラミダス猿人)は、ミドルアワシュ(エチオピア)で化石が発見された440万年前の初期のヒト族だ。今回、R GaniとN Ganiは、ラミダス猿人の居住地について研究し、その居住地に大きな川と河岸植生があったとするデータの解釈を示している。その結果、ラミダス猿人は、サバンナ地域の河岸に居住していたことになる。ラミダス猿人の居住地を解明することは、初期人類の進化に関する諸説を評価するうえで役立つと考えられる。

Early humans lived in a river-margin forest in a wooded grassland landscape at Aramis, Ethiopia suggests a study published in Nature Communications this week. This finding is in contrast to the previous interpretation of early humans habiting a woodland environment far from a river. Knowledge of the habitat of early humans is key to answering the questions of early hominin evolution, including the development of bipedalism. Ardipithecus ramidus is a 4.4 million year old hominin found at Middle Awash, Ethiopia. Royhan Gani and Nahid Gani studied the habitat of Ar. ramidus interpreting the data to suggest the presence of major rivers and river-margin vegetation. This would place Ar. ramidus in a river-margin habitat part of an otherwise savannah landscape. Understanding the landscape inhabited by Ar. ramidus will help assess the different theories for the development of early humans.

doi: 10.1038/ncomms1610

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度