Research press release

二酸化炭素捕捉のための低コスト吸着材

Nature Communications

Absorbing low-cost CO2 capture

二酸化炭素の捕捉に有用な多孔質材料が新たに作製された。この材料は、比較的低コストで、二酸化炭素吸着能が高く、可逆的吸着を示し、今後の展開によっては、石炭火力発電所から排出されるガスから二酸化炭素を捕捉する技術につながる可能性がある。この材料について報告する論文は、今週、Nature Communicationsに掲載される。

今回、K Landskronたちは、単純な縮合反応を用いて、多孔質で電子が豊富な骨格(PECONF)を合成した。PECONFは、窒素より二酸化炭素とメタンを選択的に吸着する特性がある。これと似た材料は、これまでにも作製されているが、Landskronの研究チームが報告する多孔質骨格は、市販されている低コスト材料から作られている。

A new porous material that may be useful for carbon dioxide capture is reported in Nature Communications this week. The relatively low-cost material shows high and reversible CO2 sorption capacities, and further development could lead to technologies for CO2 capture from the gases of coal-fired power plants.

Kai Landskron and co-workers used simple condensation reactions to produce porous electron-rich frameworks (PECONFs), which exhibit selective CO2 and methane sorption over nitrogen. Similar materials have been produced previously, but the porous frameworks reported by this team are prepared from inexpensive, commercially available materials.

doi: 10.1038/ncomms1405

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度