Research press release

結晶粒界の特性に優れた鉄プニクタイド超伝導体

Nature Communications

Grainy superconductivity

鉄プニクタイド超伝導体の結晶粒界は、より広く用いられている銅酸化物超伝導体の結晶粒界より優れた点があることが明らかになった。鉄プニクタイドは詳しく研究されており、銅酸化物を上回る利点がすでに数多く判明している。しかし、今回の研究で得られた新たな情報は、電力消費量ゼロの「理想的な」電線を製造するために使えるかもしれない高臨界温度超伝導体の開発に役立つ可能性がある。この研究成果を報じる論文は、今週、Nature Communicationsに掲載される。

結晶粒界では原子配列が乱れており、そのために電流密度が低下する。高臨界温度超伝導体の開発においては、この点が重大な問題だと考えられてきた。今回、東京工業大学の細野秀雄たちは、さまざまな結晶粒界角度を有する明確に定義された2つの結晶粒の境界の輸送特性を調べた。その結果、鉄プニクタイドの結晶粒界では、銅酸化物の結晶粒界よりも大きな結晶粒界角度に達するまで電流密度が低下しないことがわかった。

The grain boundaries of iron pnictide superconductors have advantages over those of more commonly used cuprate superconductors reports a paper in Nature Communications this week. Iron pnictides have been studied extensively, and many of their advantages over cuprates have already been determined. But the additional information provided by this study could aid the development of high critical temperature superconductors that could be used to produce ‘ideal’ electric power lines with zero power consumption.

The misalignment of crystal grain boundaries, which deteriorates current densities, has previously been considered major problem in the development of high critical temperature superconductors. Hideo Hosono and co-workers investigate transport properties through well-defined bicrystal grain boundaries with different misorientation angles. They find that the current density in iron pnictides is tolerant to higher misorientation angles than in cuprates.

doi: 10.1038/ncomms1419

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度