Research press release

ミュータンス菌株と出血性脳卒中の関連

Nature Communications

Association of a bacterium with haemorrhagic stroke

ミュータンス菌(Stretococcus mutans)の特定の菌株が出血性脳卒中に関連することが明らかになり、この菌株への感染が出血性脳卒中のリスク因子である可能性が示唆されている。この新たな知見を報告する論文が、今週、Nature Communicationsに掲載される。 和田孝一郎(わだ・こういちろう)たちは、特定のタイプのミュータンス菌が脳卒中のマウスモデルの症状を悪化させ、この菌株が、コラーゲン結合タンパク質を用いてマウスの脳内の損傷した血管に結合しうることを明らかにした。和田たちは、対照群や非出血性脳卒中患者の場合と比べて、出血性脳卒中患者から単離された口腔細菌には、コラーゲン結合タンパク質を発現する細菌が高頻度で見られることを明らかにした。 この新知見は、出血性脳卒中を悪化させうる毒性タンパク質が特定の細菌に含まれていることを示唆している。これらの細菌は、出血性脳卒中のリスク因子でもある可能性がある。

A particular strain of Stretococcus mutans is identified in Nature Communications this week as being associated with haemorrhagic stroke. The findings suggest that infection with this bacteria could be a risk factor for haemorrhagic stroke.

Koichiro Wada and colleagues show that certain types of the Streptococcus mutans bacterium can exacerbate a mouse model of stroke and can bind to damaged blood vessels in the mouse brain using a collagen binding protein. They found that oral bacteria isolated from human haemorrhagic stroke patients showed a higher frequency of bacteria expressing the collagen binding protein compared to controls and stroke patients with non-haemorrhagic stroke.

These finding suggest that certain bacteria contain virulence proteins that can worsen haemorrhagic stroke. These bacteria may also be potential risk factors for this condition.

doi: 10.1038/ncomms1491

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度