Research press release

鳥類の系統樹の再構築

Nature Communications

Rearranging the bird tree of life

スズメ目の鳥類(perching bird)にとって最も近縁の現存種はオウムだという解析結果が明らかになった。この新しい系統発生上の類縁関係からは、鳥のさえずりが、これまで考えられていたよりも3,000万年も前にオウムとスズメ目の共通祖先で進化した可能性が示唆されている。この結果を報告する論文が、今週、Nature Communicationsに掲載される。

A Suhたちは、中生代(およそ2億5,000万〜6,500万年前)の鳥類の進化における遺伝子の継承と近縁度を調べた。このデータは、発声学習がオウムとスズメ目の祖先で進化した可能性が高いことを示している。したがって、鳴禽類の発声学習の出現は、これまでの研究によって示された証拠から示唆された年代よりも少なくとも3,000万年さかのぼることになる。

Parrots are the closest living relatives of passerines — or perching birds — reports a paper in this week’s Nature Communications. This new phylogenetic relationship suggests that birdsong could have evolved in the common ancestor of parrots and passerines 30 million years earlier than previously thought.

Alexander Suh and colleagues studied gene inheritance and relatedness in bird evolution during the Mesozoic Era, 250 to 〜65 million years ago. According to this data it is likely that vocal learning evolved in the parrot and passerine ancestor, which places the emergence of vocal learning of songbirds at least 30 million years earlier than what is suggested by previous evidence.

doi: 10.1038/ncomms1448

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度