Research press release

鳥類の体色に対する気候の影響

Nature Communications

Climatic effects on bird colour

フィンランドに生息する褐色のモリフクロウの個体数は、過去28年間で、灰色のモリフクロウより増加したことが判明した。この研究結果は、野生鳥類の個体数が気候変動に応答して変化する場合があることを示唆している。研究の詳細を報告する論文は、今週、Nature Communicationsに掲載される。

今回、P Karellらは、フィンランドに生息する褐色のモリフクロウ(Strix aluco)の羽毛色の遺伝性に関するモデルを作って、色のバリエーションの約80%に遺伝性があることを見いだした。また、Karellらは、466羽のモリフクロウの生存に関するモデルも作製し、積雪の深さが大きい冬季における褐色のモリフクロウの生存率が灰色のモリフクロウより低いことを発見した。近年、冬の寒さが緩んで、褐色のモリフクロウの個体数が増えており、今回の研究は、気候変動が遺伝的形質に影響を与えうることを明らかにしている。

Finnish brown tawny owls have increased in number over the last 28 years compared to their grey counterparts. Research in Nature Communications this week suggests that populations of wild birds can evolve in response to climate change.

    

Patrik Karell and colleagues modelled the heritability of plumage colour in Strix aluco a Finnish tawny owl and found that almost 80% of the colour variation was heritable. They also modelled the survival of 466 owls. They found that brown owls have a lower survival rate compared to grey owls in winters where there was deep snow cover. As winters have been milder in recent years the numbers of the brown owls have increased, therefore the study shows that climate change can affect a heritable trait.

doi: 10.1038/ncomms1213

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度