Research press release

新しい抗不整脈薬への道

Nature Communications

New anti-arrhythmia drugs on the horizon?

さまざまなクラスの抗不整脈薬の効率的な作用を目指して、それぞれの抗不整脈薬と心臓のナトリウムチャネルとの相互作用を調べた研究結果が、今週、Nature Communicationsに掲載される。この知見は、心不整脈を治療するための新薬の設計に役立つことが期待される。抗不整脈薬は、広く臨床使用されており、不整脈のタイプによって異なるクラスの抗不整脈薬が用いられている。クラスIの抗不整脈薬は、心臓のナトリウムチャネルで作用し、心電図に及ぼす影響に基づいてサブクラスに分類されている。しかし、これらサブクラスの分子基盤は、よくわかっていない。C Ahernらは、クラスIbの抗不整脈薬が陽イオン−π相互作用という強い静電的相互作用を介してナトリウムチャネルに結合する一方で、クラスIaとクラスIcの抗不整脈薬は、この相互作用に対する依存性が有意に低いことを見いだした。このような詳しい分子的手がかりは、新たな抗不整脈薬の発見に役立つものと考えられる。

How different classes of anti-arrhythmia drugs interact with cardiac sodium channels in order to make them work efficiently is revealed in Nature Communications this week. The work could potentially aid the design of new drugs to treat cardiac arrhythmias.Anti-arrhythmic drugs are used widely in the clinic, and different classes are used to treat different types of arrhythmia. Class I anti-arrhythmic drugs act at cardiac sodium channels and are subdivided into classes based on their effects on the electrocardiogram. However, the molecular basis of these subclassifications is poorly understood. Christopher Ahern and co-workers find that class Ib anti-arrhythmia drugs bind to sodium channels via a strong electrostatic cation-pi interaction, whereas class Ia and Ic anti-arrhythmia drugs rely significantly less on this interaction. These detailed molecular insights may aid the discovery of new anti-arrhythmia drugs.

doi: 10.1038/ncomms1351

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度