Research press release

山火事の後には種子発芽が盛んに

Nature Communications

Plants rising from the ashes

山火事の煙によって生成される化合物からシアン化物が発生し、それによって火災感受性植物種の種子発芽が活発になることが明らかになった。この研究結果は、火事の後の植物の再生においてシアン化物が果たす生態学的役割が新たに判明したことを示唆している。研究の詳細は、今週、Nature Communicationsで発表される。

山火事が起こった後、いくつかの植物種は、種子発芽を促進する植物成分が燃焼することで発生する煙に含まれる化合物に応答して再生する。煙に含まれる数千種の化合物の中から成長促進効果のある化合物を同定することは大変な難題だったが、今回、G Flemattiらは、山火事の煙の中でグリセロニトリルが産生され、その後、グリセロニトリルからシアン化物が放出されることを明らかにした。Flemattiらは、グリセロニトリルが、シアン化物の生態学的貯蔵庫として機能し、火事の後での種子発芽の促進と景観再生の重要な合図になっている、という見方を示している。

A compound produced in wildfire smoke that releases cyanide — which stimulates seed germination in fire-responsive plant species — has been identified by a study in Nature Communications this week. This finding suggests a new ecological role for cyanide in post-fire plant regeneration.

Several species of plants regenerate after wildfires by responding to compounds in the smoke produced from burning plant matter that stimulate seed germination. Identifying the growth-stimulating compound out of the thousands present in smoke is, however, a challenge. Gavin Flematti and colleagues show that glyceronitrile, which can subsequently release cyanide, is produced in wildfire smoke. They propose that glyceronitrile serves as an ecological store for cyanide and is an important cue for stimulating seed germination and landscape regeneration after fires.

doi: 10.1038/ncomms1356

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度