Research press release

新しい赤外線撮像法の開発

Nature Communications

Developments in infrared imaging

量子ドットカメラを用いた赤外線撮像法が実証され、これにより、将来的にはカラーの赤外画像を実現しうることを報告する論文が、今週、Nature Communicationsに掲載される。今回の研究は、生体の機能や構造に啓発(バイオインスパイアード)された画像センサーの将来的な開発にとっての基礎になると考えられる。

赤外線カメラは、暗視装置や医療診断に用いられているが、今のところは、白黒の画像しか得られない。量子ドットカメラを用いると、赤外線撮像技術を向上させて、特定の光周波数を高い精度で検出することが可能になる。このほど、S Krishnaらは、カラーの赤外線撮像に向けた一歩となる、モノリシックに集積されたプラズモン赤外線量子ドットカメラを実証した。

この新知見は、人間の眼のように自然界に見られる機能を模倣する撮像装置の開発に道を開くものといえる。こうした撮像装置は、強力なセンサーと超高効率のデータ圧縮を併用して、カラー、ダイナミックレンジと偏光を画素レベルで検出できるようになると考えられている。

Infrared imagery demonstrated using a quantum dot camera could lead to coloured infrared imaging reports a paper published in Nature Communications this week. This work could serve as a basis for the future development of bio-inspired image sensors.

Infrared cameras are used for night vision and in medical diagnostics, but currently only present monochrome images. Quantum dot cameras can boost infrared imaging technology, detecting certain light frequencies with a high accuracy. Sanjay Krishna and colleagues demonstrate a monolithically intergrated plasmonic infrared quantum dot camera as a step towards coloured infrared imaging.

These findings pave the way for developing imagers that mimic those found in nature, such as the human eye. Such imagers use the combination of a powerful sensor and ultra-efficient data compression to detect colour, dynamic range and polarization at the pixel level.

doi: 10.1038/ncomms1283

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度