Research press release

【地球科学】アマゾン川流域の干ばつによる森林火災が二酸化炭素排出量削減活動のブレーキに

Nature Communications

Earth sciences: Amazonian fires undermine carbon emission reduction efforts

ブラジルのアマゾン川流域からの二酸化炭素排出の原因として大きな割合を占めるのが、森林伐採過程に直接関連する火災ではなく、極度の干ばつが起こっている時に発生する森林火災であることを明らかにした論文が、今週掲載される。この論文では、この地域での森林伐採による二酸化炭素排出量削減の成果が、21世紀になって繰り返し起こる干ばつによって損なわれている、という見解が示されている。

今回、Luiz Aragaoたちの研究グループは、人工衛星データと温室効果ガスインベントリーを用いて、ブラジルのアマゾン川流域における火災の発生とそれに関連した二酸化炭素排出量に対する干ばつの影響を2003~2015年について調べた。その結果、過去13年間に森林伐採率が76%低下したにもかかわらず、2015年の干ばつの際に火災の発生がそれ以前の12年間と比較して36%増加したことが明らかになった。Aragaoたちは、渇水年には森林火災による二酸化炭素排出量だけで、原生林伐採による二酸化炭素排出量の半分を超えていると推定している。

Aragaoたちは、開発政策のために用いられる二酸化炭素排出インベントリーでは、干ばつ関連の森林火災による二酸化炭素排出と森林伐採過程に関連する二酸化炭素排出を別個に考慮すべきだと主張している。

Carbon emissions from the Brazilian Amazon are increasingly dominated by forest fires during extreme droughts rather than by emissions from fires directly associated with the deforestation process, according to a study in Nature Communications. The authors suggest that recurrent 21st century droughts may undermine achievements in reducing emissions from deforestation in this region.

Luiz Aragao and colleagues use satellite data and greenhouse gas inventories to assess drought impacts on fire incidence and associated carbon emissions between 2003 and 2015 in the Brazilian Amazon. The authors find that despite a 76% decline in deforestation rates over the past 13 years, fire incidence increased by 36% during the 2015 drought compared to the preceding 12 years. They estimate that emissions from forest fires alone are more than half those from old-growth forest deforestation during drought years.

The authors argue that carbon emission inventories used for developing policies need to take into account drought-related forest fire emissions separately to those associated with the deforestation process.

doi: 10.1038/s41467-017-02771-y

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度