Research press release

マラリア予防に新たな標的候補

Nature Communications

Potential new anti-malarial target

マラリア原虫のチロシルtRNA合成酵素が、ヒトのマクロファージに結合して、その内部に取り込まれ、免疫応答を引き起こすことが明らかになった。この新知見は、チロシルtRNA合成酵素がマラリア予防法の新たな標的となる可能性を示唆している。

チロシルtRNA合成酵素は、タンパク質の翻訳に必要なハウスキーピングタンパク質である。今回、A Sharmaたちは、熱帯熱マラリア原虫(Plasmodium falciparum)のチロシルtRNA合成酵素の構造を解明し、この酵素に含まれる特定のモチーフによってチロシルtRNA合成酵素がマクロファージに結合することを明らかにした。この酵素がマクロファージに結合すると、マラリアの病態生理において重要な役割を担っている炎症促進性サイトカインの分泌が誘発される。

今回の研究の結果、チロシルtRNA合成酵素がマラリア原虫の感染予防における重要な標的の1つとなる可能性が浮上した。

The malarial tyrosyl-tRNA synthetase protein binds and enters human macrophages and triggers an immune response reports a paper published in Nature Communications this week. These findings suggest that this protein could be a new target for combating malaria.

Ttyrosyl-tRNA synthetase is a housekeeping protein required for protein translation. Amit Sharma and colleagues now solve the structure of the Plasmodium falciparum enzyme and show that the protein contains a certain motif that can bind to macrophages. Once bound to macrophages the protein induces the release of pro-inflammatory cytokines which have an important role in the pathophysiology of malaria.

These findings suggest that tyrosyl-tRNA synthetase could be an important target for preventing parasite infection.

doi: 10.1038/ncomms1522

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度