Research press release

エチレンとアセチレンを分離できる材料

Nature Communications

Parting the gases

大量生産され、広く用いられているエチレンとアセチレンを分離できるマイクロ多孔性金属-有機フレームワーク材料について報告する論文が、今週、Nature Communicationsに掲載される。この2種類の化合物を分離することは重要な工業プロセスだが、既存の方法は、高コストで大量のエネルギーを消費する。

B Chen、M Thomasらの研究チームは、同じような大きさの分子を効率的に分離できるチューナブルなマイクロ多孔性金属-有機フレームワーク材料を作製し、吸着を利用した実用的なエチレン・アセチレン分離の可能性を明らかにした。この研究チームは、今回の新知見が、もっと低コストで迅速にエチレンとアセチレンを分離できる方法の開発につながることを期待している。

A microporous metal-organic framework material that can separate ethylene and acetylene is reported in Nature Communications this week. Separation of these two compounds is an important industrial process but existing methods are both expensive and energy consuming.

Banglin Chen, Mark Thomas and co-workers produced tuneable microporous metal-organic frameworks that can efficiently separate similarly-sized molecules, suggesting potential practical adsorption-based separation of acetylene and ethylene. They hope that their findings will lead to cheaper and faster technology to separate these widely-used mass-produced chemicals.

doi: 10.1038/ncomms1206

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度