Research Abstract

Notchシグナルによる活性化T細胞のステムセルメモリーT細胞への転換と養子免疫療法への応用

Notch-mediated conversion of activated T cells into stem cell memory-like T cells for adoptive immunotherapy

2017年5月22日 Nature Communications 8 : 15338 doi: 10.1038/ncomms15338 (2017)
Notchシグナルによる活性化T細胞のステムセルメモリーT細胞への転換と養子免疫療法への応用
拡大する

養子T細胞免疫療法はがんの治療法として非常に注目を集めている。幹細胞様メモリー(記憶)T細胞(TSCM)は、メモリーT細胞集団の中でも最も長寿で増殖性の高いメモリーT細胞群であると考えられている。CD8+ TSCM細胞は、in vitroにおいてWntシグナルによりナイーブT細胞から誘導することが可能だが、TSCM細胞を活性化T細胞やメモリーT細胞から誘導する方法はまだ存在しない。今回我々は、ヒトとマウスの活性化CD4+およびCD8+T細胞を、Notchリガンドを発現しているストローマ細胞と共培養することで、in vitroでTSCM様細胞(誘導性ステムセルメモリーT細胞;iTSCM)へ転換することを見出した。このiTSCM細胞ではPD-1およびCTLA-4の発現が消失しており、再刺激により大量の腫瘍特異的エフェクター細胞を生み出した。養子免疫療法において、iTSCMは強い抗腫瘍効果を持つ非常に有用な細胞であると考えられる。

Taisuke Kondo, Rimpei Morita, Yuumi Okuzono, Hiroko Nakatsukasa, Takashi Sekiya, Shunsuke Chikuma, Takashi Shichita, Mitsuhiro Kanamori, Masato Kubo, Keiko Koga, Takahiro Miyazaki, Yoshiaki Kassai and Akihiko Yoshimura

Corresponding Author

吉村 昭彦
慶應義塾大学 医学部・医学研究科 微生物学・免疫学教室

Adoptive T-cell immunotherapy is a promising approach to cancer therapy. Stem cell memory T (TSCM) cells have been proposed as a class of long-lived and highly proliferative memory T cells. CD8+ TSCM cells can be generated in vitro from naive CD8+ T cells via Wnt signalling; however, methods do not yet exist for inducing TSCM cells from activated or memory T cells. Here, we show a strategy for generating TSCM-like cells in vitro (iTSCM cells) from activated CD4+ and CD8+ T cells in mice and humans by coculturing with stromal cells that express a Notch ligand. iTSCM cells lose PD-1 and CTLA-4 expression, and produce a large number of tumour-specific effector cells after restimulation. This method could therefore be used to generate antigen-specific effector T cells for adoptive immunotherapy.

プライバシーマーク制度