Research press release

土地管理形態の変化が気候変動に及ぼす影響

Nature Climate Change

Management boundaries

既存の農地の管理形態の変化によって生じるその地域の温暖化の程度は、自然植生を農地に転換したことで生じる温暖化の程度に類似しているという結論を示した論文が、今週のオンライン版に掲載される。この新知見は、気候変動を悪化させずに食料需要の増加に対応する上での諸課題を示している。

今回、Sebastiaan Luyssaertたちは、北米とユーラシアの温帯地域に関する人工衛星観測結果と地上測定結果を組み合わせて、土地被覆と土地管理形態の変化が直接的に気候に与える影響を調べた。いずれの場合でも、寒冷化の影響と温暖化の影響を全て考慮に入れた正味の影響は、摂氏約1.7度の局地的温暖化だった。

このように、増加する食料需要に対応するための農業の強化が、気候に直接的な影響を及ぼすことが明らかになったが、この点は、さまざまな政策上の選択肢を比較評価する際に、温室効果ガス排出量とともに考慮する必要があると考えられる。

Changes in the management of existing agricultural land can warm the local climate to an extent similar to that resulting from the conversion of natural vegetation to farmland, according to research published online this week in Nature Climate Change. These findings demonstrate the challenges of meeting growing food demand without exacerbating climate change.

Sebastiaan Luyssaert and colleagues combined satellite observations with ground measurements from temperate regions of North America and Eurasia to investigate the direct climatic effects of changes in land cover and land management practice. In both cases the net effect - when all cooling and heating influences were accounted for - was localized warming of around 1.7 degrees Celsius.

Consequently, the intensification of agriculture to meet growing food demand will have direct climatic implications that should be considered alongside greenhouse gas emissions when weighing up different policy options.

doi: 10.1038/nclimate2196

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度