Research press release

森林における炭素量の増減と栄養素

Nature Climate Change

Forest carbon in the balance

森林生態系の炭素量の全体的な増減が決まる際に、栄養素の利用可能性が極めて重要な役割を果たしていると結論づけた研究論文が、今週のオンライン版に掲載される。この新知見は、気候変動に対する炭素循環の応答を推定するために用いられるモデルの大部分における基本前提に、疑問を投げかけている。

今回、Marcos Fernandez-Martinezたちは、さまざまな気候帯に位置する92か所の森林で得られた知見を統合して、貧栄養地域の森林では、富栄養状態の森林と比べて、総エネルギー量と植物の光合成による炭素量に占める利用・再放出量の割合がかなり大きいことを明らかにした。つまり、貧栄養状態の森林は、富栄養状態の森林と比べて、炭素の利用効率が低くなっているのだ。

気候変動に対する炭素循環の応答のシミュレーションに用いられる炭素循環-気候変動結合モデルのほとんどは、1つの生態系の光合成に伴う炭素の吸収がその生態系の炭素貯蔵庫に支配的影響を及ぼすという前提に基づいている。今回の研究で得られた知見は、生態系内に固定された炭素の利用効率も考慮に入れるべきことを示唆している。

Nutrient availability plays a crucial role in determining the overall gain or loss of carbon from forest ecosystems, according to research published online this week in Nature Climate Change. These findings challenge a basic assumption underlying most models used to estimate carbon-cycle responses to climate change.

Synthesizing the findings from 92 forests in different climate zones, Marcos Fernandez-Martinez and colleagues show that, compared with nutrient-rich forests, those growing in nutrient-poor areas use and re-release a much larger portion of the total energy, and carbon, photosynthesized by plants. In other words, nutrient-poor forests are less efficient in their use of carbon than nutrient-rich forests.

Most coupled carbon-cycle climate models used to simulate the response of the carbon cycle to climate change are based on the assumption that carbon inputs from photosynthesis have a dominant influence on the pool of carbon within a given ecosystem. These findings suggest that the efficiency with which fixed carbon is then used in the ecosystem should also be taken into account.

doi: 10.1038/nclimate2177

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度