Research press release

猛暑によって増加した住民の移動

Nature Climate Change

The heat is on for migration

過去20年間にパキスタンの農村部で住民の長期的移動が増えた理由が、多雨や洪水、高湿度ではなく、気候に関連する熱ストレスだったことが明らかになった。今回得られた知見は、パキスタンにおける住民の長期的移動に関する決定が異常気象の影響を受ける過程についての初めての定量的証拠とされる。この結果を報告する論文が、今週掲載される。

パキスタンは、気候変動に対して脆弱なことが知られ、そのために一部の国民が移動せざるを得なくなることが日常茶飯事になっている。この問題の解決を試みる活動が行われているが、同国の社会的保護戦略と国際的救援活動が最も的確に対応したのは、洪水の被災者だった。

今回、Valerie Muellerたちは、1991~2012年にパキスタン農村部の583世帯の4,428人の長期的移動を調べ、異常気温(通常、11月から4月)を経験すると、村から移動するという一貫した傾向が見られるが、異常降雨があっても、それに応じた動きが非常に少ないことを明らかにした。そして、Muellerたちは、村から移動するという決定が、猛暑の時期の収入減によって影響される可能性があると考えている。現に、Muellerたちは、異常高温になると、農業所得が大きく損なわれ、3分の1以上が失われるという計算結果を示している。農業以外の所得も熱ストレスによって減少するが、農業所得ほど大きくなかった(16%減)。これに対して、降水量が多いと、全ての収入源が大きく増えることも指摘されている。

以上の新知見をもとに、Muellerたちは、救援活動の重点を変えて、国民一人一人が異常気温への備えを行い、適応する能力を高められるような支援をすべきだと提唱している。また、Muellerたちは、移動を思い立たせる要因に関する知識を深める研究を続けることが、自然災害と移動、強制退去に対応するための適切な政策設計にとって大切だと考えている。

Climate-related heat stress, not high rainfall, flooding or moisture, has increased long-term human migration in rural Pakistan over the past 20 years. This finding, published in Nature Climate Change, provides the first quantitative evidence of how long-term migration decisions in Pakistan are affected by weather extremes.

Pakistan is known to be vulnerable to climate change and subsequently, involuntary displacement within its population is common. Efforts have been made to try to counteract this, but the country’s social protection strategies and international relief efforts have been most responsive to flood victims.

Valerie Mueller and colleagues examine the long-term migration of 4,428 individuals from 583 households in rural Pakistan between 1991 and 2012 and find that individuals consistently move out of villages in response to extreme temperatures (usually from November to April), but very little movement is observed in response to excessive rainfall. They suggest that people’s decision to move may be influenced by a fall in income during times of extreme heat. Indeed, the team calculate that agricultural income suffers greatly when temperatures are extremely high, wiping out over a third of farming income. Non-farm income also experiences losses from heat stress, but to a lesser extent (16%). They note, however, that high rainfall increases all sources of income substantially.

Based on these findings, the authors propose that relief efforts should be shifted to help improve individuals’ ability to adapt and prepare for extreme temperature conditions. They also suggest that continuing work that expands knowledge of what motivates migration is important for designing appropriate policies that respond to natural disasters, migration and displacement.

doi: 10.1038/nclimate2103

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度