Research press release

高緯度域の雪と氷の減少が中緯度域の熱波と結び付いている

Nature Climate Change

Melt-driven heatwave

高緯度域での海氷面積と積雪面積の減少を原因とする大気循環の変化が、北米の多くの地域、ヨーロッパ、アジアなどの地域での夏の極端な気象事象と結び付いていることが明らかになった。この新知見を報告する論文が、今週掲載される。

北半球では、ここ30年間、高緯度域での夏の海氷面積と積雪面積の減少が記録的なレベルに達し、近年は、中緯度域で、夏の極端な気象事象(例えば、熱波と干ばつ、あるいは大雨と洪水)が増えている。しかし、これらの要因のつながりは明らかになっていなかった。今回、Qiuhong Tangたちは、夏の積雪面積と海氷面積に関する衛星観測結果と大気データを組み合わせて、大気循環パターンを調べた結果、海氷面積と積雪面積の減少と中緯度域の気象状態との間につながりのあることを明らかにした。雪と氷の減少に関連した明確な大気循環パターンがあり、氷の減少による応答の方が大きいことが分かったのだ。Tangたちは、北緯60度以北の上層大気風が弱まり、ジェット気流が一般的に北方へ移動しており、こうした変化によって気象配置が固定される期間が長くなり、極端な気象事象の発生確率が高まることを指摘している。今回の研究結果からは、北極での雪と氷の減少が進むにつれて、夏の極端気象の頻度と強度が高まり続けることが示唆されている。

このテーマと関連したJames OverlandのNews and Viewsには、「北極の変化に関する解明が進めば、気象状態に関する季節予報とさらに長期的な予報が可能になるだろう」と記されている。

Those changes in atmospheric circulation that are attributed to reduced sea-ice and snow cover at high latitudes are linked to extreme summer weather events in areas that include Europe, Asia and much of North America. This finding is reported a paper published in Nature Climate Change this week.

In the past three decades the Northern Hemisphere has experienced record declines in the summer sea-ice and snow cover at high latitudes, as well as a recent increase in extreme summer events, such as heatwaves and droughts or wash-out summers and floods, in mid-latitude regions. The connection between these factors has, however, been unclear. Qiuhong Tang and colleagues use satellite observations of summer snow cover and sea-ice extent in combination with atmospheric data to investigate circulation patterns and demonstrate the link between the loss of snow and ice and mid latitude weather conditions. They find distinct circulation patterns associated with the reduced snow and ice, with ice loss producing a stronger response. They note that upper atmospheric winds north of 60° N weaken and the jetstream generally shifts northwards - these changes allow weather systems to remain in one location for longer periods, increasing the chance of extreme events. Their results suggest that summer extremes will continue to increase in frequency and intensity as the Arctic experiences more snow and ice loss.

In an accompanying News and Views, James Overland writes that “Greater understanding of the changing Arctic may allow seasonal and longer term weather outlooks to be produced”.

doi: 10.1038/nclimate2065

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度