Research press release

サヘル地域の降水量に対するエアロゾルの影響

Nature Climate Change

Aerosol impacts on Sahelian rainfall

成層圏中の微粒子の濃度が、サヘル地域の干ばつの発生と厳しさに影響を及ぼすことが明らかになった。このほど、1900~2010年の観測結果の解析が行われ、最も降水量の少なかった4回の夏のうちの3回において、北半球で相当な規模の火山噴火が事前に起こっていたことがわかったのだ。

今回、Jim Haywoodたちは、この知識を用いて、間欠的な火山噴火とジオエンジニアリング(地球工学)を模倣した成層圏への粒子の連続注入のモデル研究を行い、北半球でのエアロゾル負荷が非常に大きいことが、サヘル地域の干ばつの前兆であり、南半球でのエアロゾル負荷が、降水量と緑化を増加させることを明らかにした。

この新知見では、今後のエアロゾル地球工学プロジェクトのグローバルガバナンスに関するコンセンサスを形成するための前提条件となる影響可能性評価を行うには、さらなる研究が必要なことが示唆されている。

Concentrations of fine particles in the stratosphere can influence the occurrence and severity of the Sahelian drought, according to work published online in Nature Climate Change this week. Analysis of historical observations, from 1900 to 2010, shows substantial Northern Hemisphere volcanic eruptions preceded three of the four driest summers.

Using this knowledge, Jim Haywood and colleagues modelled episodic volcanic eruptions, as well as continuous injection of particles into the stratosphere to mimic geoengineering. They show that heavy aerosol loadings in the Northern Hemisphere are a precursor to Sahelian drought, whereas Southern Hemisphere loading results in increased rainfall and greening.

These findings suggest that further study is needed to assess possible impacts before consensus on the global governance of any future aerosol geoengineering projects can be reached.

doi: 10.1038/nclimate1857

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度