Research press release

干上がる米国南西部

Nature Climate Change

Southwestern US drying out

米国南西部で今後10~30年間に利用可能な表層水の量が減るという予測が、明らかになった。この予測について述べた論文が、今週掲載され、この表層水の減少が、この地域における農業需要と増加する地域住民の需要を満たすために必要とされる水資源にとって新たなストレスになる規模のものであることが報告されている。

今回、R Seagerたちは、第5次結合モデル相互比較プロジェクトのシミュレーションを用いて、3つの水源領域(カリフォルニア州とネバダ州、コロラド川水源、テキサス州)の四季を通じた降水量、蒸発散量、河川流出量と土壌水分を調べた。その結果、これらの水源領域に流入する正味水量が着実に減少するという予測が得られた。Seagerたちは、こうした利用可能な水量の減少が、今後数十年間の土壌水分と河川流出量の減少を意味すると考えている。

The southwestern United States is expected to have declining surface-water availability in the next 10-30 years. A study published this week in Nature Climate Change reports that these decreases are sufficiently large to place additional stress on regional water resources needed to meet the demands of agriculture and a growing population.

Richard Seager and co-workers use simulations from the Coupled Model Intercomparison Project Phase 5 to examine changes in precipitation, evapotranspiration, runoff and soil moisture across seasons for three water resource regions: California and Nevada, Colorado River headwaters and Texas. A steady drop in net water coming into these regions is projected, and the authors suggest that the declining water availability will translate into reduced soil moisture and runoff over the next few decades.

doi: 10.1038/nclimate1787

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度