Research press release

IPCCの気温上昇予測を評価する

Nature Climate Change

Climate Change: Looking back to the future

1990年に公表されたIPCCの第1次評価報告書では、1990年から2030年までの全球平均気温のトレンドの予測が示された。今回の研究で、D FrameとD Stoneは、この予測には、いくつかの重要な外部強制力が含まれていなかったにもかかわらず、予測期間の中間点において、IPCCの予測通りになっていると考えられる点を強調している。FrameとStoneは、IPCCの予測が的中したのは、温室効果ガスによる温暖化が、20年の時間スケールにおいて、他の強制力を圧倒していたからだと結論づけている。

FrameとStoneは、気候システムの解明を進めることで、初めての気候のコンセンサス予測の質をさらに高めることができ、地域スケールでの気候予測にも拡大できると考えている。

The temperature increases predicted in the first Intergovernmental Panel on Climate Change (IPCC) report in 1990 seem to be accurate halfway through the forecast period, reports a paper published in Nature Climate Change this week.

In 1990 the first IPCC assessment report was published, forecasting trends in global mean temperature from 1990 to 2030. David Frame and Daithi Stone now highlight that, at the mid-point, the predictions seem to be upheld, even though a number of important external forcings were not included. They conclude that that the IPCC predictions succeeded because greenhouse-gas-induced warming overwhelmed the other forcings over the 20-year timescale.

The authors suggest that the quality of the first consensus climate prediction can be built on with improved knowledge of the climate system, to extended climate predictions to regional scales.

doi: 10.1038/nclimate1763

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度