Research press release

下流効果

Nature Climate Change

Downstream effects

米国コロラド州の河川流域では、気候変動によって上水道の質に影響が生じており、それが、昆虫による樹木の枯死を介したものであることが判明した。この研究結果を報告する論文が、今週、Nature Climate Change(オンライン版)に掲載される。

今回、K Mikkelsonたちは、キクイムシの被害を原因とする広範囲にわたる森林の激減によって、キクイムシ被害を受けた流域から浄水施設に流れ込む消毒剤の有害な副産物の量と有機炭素の総量が、影響を受けていない河川流域よりも著しく多いことを明らかにした。このことは、気候変動によって生態系の動態が変化し続けているなかで、常時観察の必要な影響項目に水質も加えるべきことを示している。

Climatic changes are affecting the quality of municipal drinking water - via insect-induced tree mortality - in watersheds in Colorado, USA, reports a study published online this week in Nature Climate Change.

Kristin Mikkelson and colleagues find that large-scale forest die-off resulting from mountain-pine-beetle-infestation results in significantly higher levels of harmful disinfection by-products and total organic carbon in treatment facilities from infested basins compared with unaffected watersheds. This indicates that as climate change continues to alter ecosystem dynamics, water quality should be added to the list of potential impacts in need of monitoring.

doi: 10.1038/nclimate1724

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度