Research press release

IPCCのSRREN報告書をめぐる利益相反の疑い

Nature Climate Change

Conflict of interest in IPCC assessment reports

気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の再生可能エネルギー源と気候変動緩和に関する特別報告書(SRREN)がこの6月に発表されたが、データの評価を行ったパネルにおいて利益相反があったため、同報告書に内容の偏りがあるという主張にさらされている。Nature Climate Change(電子版)に掲載される2編のOpinion論文は、この問題を論じ、IPCCにおける評価の透明性と公正性を担保する新たな政策の実施について考察している。

英国を本拠として活動する気候変動問題評論家で作家のM Lynasは、環境保護団体グリーンピースの活動家S Teskeが、(グリーンピースの報告書を含む)各種データを評価して、それをSRRENに反映させるかどうかを決めるパネルのメンバーだったため、「彼が、この報告書の内容に不公正な影響を与えた可能性があるようにみえる」と述べている。そのうえで、Lynasは、この内容的な偏りという問題によって、SRRENの信用性が損なわれると主張する。

これに対して、SRRENを作成したIPCC第3作業部会のO Edenhofer共同議長は、Teskeが参加したことは、第3部会が評価対象とするテーマに関して科学的に信頼性の高い見解を幅広く集めるうえで役立った、と述べている。また、Edenhoferは、IPCCの専門家が「それぞれの分野の第一線の専門家として関係雑誌に論文を投稿しており」、報告書の作成過程で大量の文献を検討する際には、「その一部として自分自身の論文を検討することも多い」と指摘する。それは、利益相反には当たらない、とEdenhoferは断じている。

The publication in June of the Intergovernmental Panel on Climate Change (IPCC)’s Special Report on Renewable Energy Sources and Climate Change Mitigation (SRREN) was greeted by claims that it was biased because of a conflict of interest in the panel assessing the data. Two opinion articles published online this week in Nature Climate Change argue the case, and look ahead at the implementation of a new policy regulating assessment transparency and fairness in the IPCC.

UK-based climate change commentator and author Mark Lynas asserts that the involvement of Sven Teske, a Greenpeace campaigner, in the panel that assessed data — including Greenpeace reports — for inclusion in the SRREN report "gave the appearance that he might have had an unfair influence over the content of the report." The bias issue chips away at the credibility of the SRREN report, Lynas argues.

In response, Ottmar Edenhofer — who is Co-Chair of Working Group III, which produced the SRREN report — says that including Teske helps reflect the wide range of scientifically credible views on the topics it assesses. Edenhofer says that IPCC's experts consider large bodies of literature that "will often include some of their own work as leading experts in an area will have contributed to the relevant literature." This does not represent a conflict of interest, he says.

doi: 10.1038/nclimate1177

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度