Research press release

過去のサンゴ白化現象がその後の熱波による影響に関係している

Nature Climate Change

Previous coral bleaching mediates subsequent heat wave impacts

2017年の熱波がグレートバリアリーフに及ぼした影響は、2016年の熱波の影響に依存していたことを報告する論文が、今週掲載される。この新知見は、海洋熱波がサンゴ礁に及ぼす影響が過去の温暖化現象に影響される現象[生態学的記憶(ecological memory)として知られる]の度合いに関する手掛かりをもたらしている。

今回Terry Hughesたちは、航空観測の結果を分析し、グレートバリアリーフの全長に沿って個々のサンゴ礁の白化の深刻度を評価した。著者たちは、2016年には1135か所、2017年には742か所のサンゴ礁について白化の深刻度を調査し、そのうち606か所はいずれの年も調査対象である。Hughesたちは、これらのデータと人工衛星によるグレートバリアリーフ全体の海面水温の測定結果を組み合わせた。この海面水温のデータによれば、2017年は約80%のサンゴ礁において、夏季の海面水温が前年に比べてより高く、あるいはより長期間継続していた。次に、Hughesたちは一般化線形モデルを使って、2017年に、サンゴ礁の白化に対する耐性がそれまでの年より高くなったことを明らかにした。2016年の熱波から2017年の熱波の間に、世界最大のサンゴ礁系であるグレートバリアリーフの約3分の2が影響を受けていた。

2016年の熱波の生態学的記憶は、翌年の2017年にさらに激しい温暖化が起こったにもかかわらず、気候の影響を解明する上で個別の事象を調べるだけでは不十分なことを実証している。Hughesたちは、気候を原因とする事象の発生頻度が高まっており、連続して起こるかく乱の相互作用を調べることが不可欠だと結論付けている。

The impacts of the 2017 heat wave on the Great Barrier Reef were dependant on the impacts from the heat wave in the previous year, reports a paper published online this week in Nature Climate Change. These findings shed light on the extent to which the impacts of marine heat waves on coral reefs may be influenced by previous warming events - a phenomenon known as ‘ecological memory’.

Terry Hughes and colleagues analysed aerial surveys to assess the severity of bleaching in individual reefs along the length of the Great Barrier Reef. They surveyed the severity of coral bleaching on 1,135 reefs in 2016, and 742 in 2016, with 606 surveyed in both years. The authors combined these data with satellite-based temperature measurements of the entire Great Barrier Reef, which showed that 2017 had hotter or longer-lasting summer sea-surface temperatures on around 80% of the individual reefs compared to the previous year. The authors then used a generalized linear model to show that the corals were more resistant to bleaching in 2017 than the year before. Between the two events, severe bleaching affected two-thirds of the world’s largest reef system.

The ecological memory of the 2016 heat wave, despite exposure to higher temperatures in 2017, demonstrates that studying individual events may be insufficient for understanding climate impacts. With climate-driven events increasing in frequency, it is imperative to examine the interactions of successive disturbances, the authors conclude.

doi: 10.1038/s41558-018-0351-2

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度