Research press release

海洋深層への熱の取り込みが増えている

Nature Climate Change

Deep ocean heat uptake on the rise

海洋に吸収された熱の量(海洋貯熱量)は、工業時代に増加してきたが、そのおよそ半分が過去18年間の増加分であり、吸収された熱の約35%が水深700 mよりも深層に流入し、流入量の急増傾向が今も続いている、という研究結果を報告する論文が、今週のオンライン版に掲載される。

今回、Peter Glecklerたちは、さまざまな情報源(19世紀の海洋調査船チャレンジャー号の探検航海、その後の船舶による観測、自律型フロートなど)から得たデータを用いて、1865~2015年の海洋貯熱量の推移を調べた。Glecklerたちは、これらのデータを3つの深度区分、つまり、表層(水深0~700 m)、中層(水深700~2,000 m)、深層(水深2,000 m超)に分けて解析した上で、気候モデルによるシミュレーションと観測結果を比較し、両者間の整合性を用いて、工業時代における変化を解釈した。

今回の研究では、海洋の全ての深度での温度情報が得られ、研究が不十分な海洋深層の解明を進めるために重要なデータがもたらされた。また、気候変動を監視する上で海洋モニタリングプログラムが大事なこともはっきりと示されている。

The amount of the heat absorbed by the ocean has doubled in the past 18 years, relative to the industrial era as a whole, reports a paper published online in Nature Climate Change this week. The study shows that approximately 35% of this heat has entered the ocean below a depth of 700 m, and continues to increase rapidly.

Peter Gleckler and colleagues use data from a variety of sources-including the nineteenth century Challenger expedition, more recent ship-based measurements and autonomous floats-to investigate how the heat content of the ocean has changed from 1865 to 2015. They consider the data in three depth sections: upper (0-700 m), intermediate (700-2,000 m) and deep (>2,000 m) layers. They then compare the observations to climate model simulations, and use the consistency between them to interpret changes over the industrial era.

This study provides temperature information across the full depth of the ocean, contributing significant data to our understanding of this understudied area, and highlights the importance of ocean monitoring programmes to track climate change.

doi: 10.1038/nclimate2915

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度