Research press release

米国の廃棄物処分場からのメタン放出と気候政策

Nature Climate Change

Trash-talking US climate policy

2012年に米国内で埋め立て処分された廃棄物の量が2億6200万トンであり、米国環境保護庁が発表した推定値が1億4000万トンもの過小評価であったことを明らかにした論文が、今週のオンライン版に掲載される。今回の研究は、埋め立て処分によるメタン排出量がこれまでの推定値を上回っている可能性も示唆している。

埋立処分場からは、特に強力な温室効果ガスであるメタンが大量に放出される。メタンを捕集し、燃焼させることで、処分場からのメタン放出を減らすことは、気候変動政策の重要な一部となっている。

今回、Jon Powellたちは、米国全土の1,200カ所の施設から報告された廃棄物処分量と運用データを解析した。その結果、2012年に全施設で合わせて2億6200万トンの廃棄物が処分され、米国環境保護庁による推計値を約1億4000万トン上回っていたことが分かった。また、2010~2013年に廃棄物処分量が1年で平均0.3%増加したことも明らかになった。

こうした廃棄物の大部分は、新規の廃棄物を積極的に受け入れている開放型埋立処分場で最終処分されており、これが埋立処分場からのメタン排出量の約91%を占めている。また、メタンの捕集効率は、閉鎖型埋立処分場の方が開放型埋立処分場より17ポイント高く、開放型埋立処分場が気候に与える影響がさらに明確になった。

今回の研究結果は、政府が開放型埋立処分場でのメタン排出量の削減に政策の的を絞る必要性を示唆している。さらに、Powellたちは、今回の研究が、現在の廃棄物処分データ収集方法の限界を明確に示し、政策によってメタン排出量を削減し、気候変動に取り組む上で重要な意味を持っていると主張している。

The total amount of waste deposited in US landfills (262 million tonnes) was underestimated by the US Environmental Protection Agency by as much as 140 million tonnes in 2012, according to a paper published online in Nature Climate Change. The study suggests that the associated methane emissions from landfill may also be greater than previously estimated.

Landfill sites emit major quantities of methane, a particularly potent greenhouse gas. Reducing emissions from these sites by capturing and combusting methane is a crucial part of climate change policy.

Jon Powell and colleagues analysed reported rates of waste disposal and operational data from 1,200 facilities across the US. They found 262 million tonnes of waste were disposed of by the facilities in 2012, about 140 million tonnes more than the US Environmental Protection Agency previously estimated. They also found waste disposal rates have been increasing by an average of 0.3% a year between 2010 and 2013.

Most of the waste ends up at open landfill facilities that are actively accepting new waste, and about 91% of landfill emissions in 2012 came from such sites. They found that the efficiency of methane capture was 17 percentage points greater at closed landfills than at open landfills, further underscoring the climatic impact of open waste sites.

The results suggest that the government must target efforts to reduce methane emissions at open landfill waste facilities. Furthermore, the authors argue that this study highlights the limitations of the government’s current approach to collecting waste disposal data, with significant implications for policy-based efforts to reduce emissions and tackle climate change.

doi: 10.1038/nclimate2804

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度