Research press release

米国ニューイングランド地方での気温の変動と死亡率

Nature Climate Change

Temperature swings and mortality in New England

2000~2008年の夏と冬に生じた気温の異常が、米国ニューイングランド地方に居住する65歳以上の人の死亡率上昇と関連していたことが明らかになった。今回の研究は、1つの季節での気温の変動幅が、特に暑い夏や寒い冬と同程度の影響を死亡率に及ぼすことを示唆している。この結果について報告する論文が、今週のオンライン版に掲載される。

今回の研究で、Joel Schwartzたちは、米国の公的医療保険制度「メディケア」のデータを用いた。このデータには、加入者全員の年齢、人種、性別だけでなく、死亡日の情報が含まれている。Schwartzたちは、2,740,308人の住民と居住地域の郵便番号別の平均気温データと気温変動データを相互参照して、気温の変化が死亡率に及ぼす影響を推定した。

その結果、温暖な地域に居住していることが夏と冬の死亡率の低下と関連していたが、1つの季節での気候の変動幅が大きいと死亡率が上昇することも判明した。Schwartzたちは、気温の変動幅が大きい地域に居住していると運動といった行動の変更が難しく、それが死亡率の上昇の一因となった可能性があると推論している。

今回の研究は、気候変動が生じると季節ごとの天候の予想が難しくなり、各地域の住民がそれまで順応していた気温条件が著しく変わるために、死亡率が影響を受ける可能性があることを示唆している。

Unusual summer and winter temperatures between 2000 and 2008 were associated with an increased rate of death in Americans over 65, living in New England, USA, a paper published online in Nature Climate Change shows. The research suggests that swings in temperature during the seasons can have a comparable impact on mortality rates to particularly hot summer seasons or cold winter seasons.

Joel Schwartz and colleagues studied data from the US national health insurance programme, Medicare, which includes information on the age, race and sex of all individuals as well as their date of death. They cross-referenced 2,740,308 residents with local average temperature and temperature variability data for different postal (ZIP) codes to estimate the impact of changing temperatures on mortality.

The researchers found that although living in warmer ZIP codes was associated with reduced mortality in both summer and winter, living in ZIP codes with more variable in-season weather increased mortality rates. They speculate that living in areas with more variable temperatures made exercise and other behavioural changes more difficult, which may have contributed to increasing mortality rates.

The research suggests that climate change may affect mortality rates by making seasonal weather more unpredictable, creating temperature conditions significantly different to those to which people have become acclimatized.

doi: 10.1038/nclimate2704

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度