Research press release

細胞老化と加齢

Nature Cell Biology

Cellular senescence and ageing

細胞の分裂能と複製能に重要な影響を及ぼすマウスの2つの腫瘍抑制遺伝子は、加齢過程にもかかわっていることが知られている。今回、細胞の老化、つまり細胞複製の不可逆的停止と生物個体の加齢の間の直接的なつながりが初めて実証された。

細胞分裂タンパク質BubR1の発現レベルが低い変異体マウスでは、短寿命、筋肉萎縮や脂肪減少などの特徴をもつ早期老化が起こることが明らかにされている。影響が現れる組織のうちで、骨格筋と脂肪にはp16Ink4aとp19Arfというタンパク質が高濃度で集積する。J van Deursenたちはp16Ink4aとp19Arf遺伝子の加齢における役割を調べるために、BubR1欠失マウスでこれらの遺伝子を不活性化してその影響を検討した。p16Ink4aを除去すると細胞の老化とマウスの早期加齢の両方が軽減されたが、p19Arfの不活性化ではこうした影響が増大した。

p16Ink4aとp19Arfの発現は年齢とともに増大することから、これらの腫瘍抑制遺伝子は以前にも、加齢にかかわっているのではないかと疑われていた。しかし、これらの遺伝子を欠失したマウスは腫瘍が原因で若齢のうちに死亡してしまうことから、加齢過程への直接のかかわりは、まだ証明されていなかったのである。

Two tumour suppressor genes with crucial effects on the ability of cells to divide and replicate have been found to affect the ageing process in mice. A report online this week in Nature Cell Biology demonstrates for the first time a direct link between the mechanisms of cellular senescence ? the irreversible ceasing of cell replication ? and ageing of the whole organism.

Mutant mice expressing low levels of the cell division protein BubR1 have been shown to undergo premature ageing characterized by a shorter lifespan, muscle atrophy and loss of fat. Of the tissues affected, skeletal muscle and fat accumulate high levels of the proteins p16Ink4a and p19Arf. Jan van Deursen and colleagues investigated the role of p16Ink4a and p19Arf genes in ageing by studying the consequences of their inactivation in BubR1-deficient mice. They found that elimination of p16Ink4a reduces both cellular senescence and premature ageing, whereas, in contrast, inactivation of p19Arf exacerbates these effects.

A role for the tumour suppressor genes p16Ink4a and p19Arf in ageing was previously suspected on the basis of findings that their expression increases with age; however, a direct involvement in the ageing process was never proven because mice lacking these genes die early of tumours.

doi: 10.1038/ncb1744

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度