Research press release

幹細胞中に生き残るDNA損傷

Nature Cell Biology

Surviving DNA damage in stem cells

皮膚の外側の層(表皮)中に存在する幹細胞は、DNAが損傷を受けた後に起こる細胞死に極めて高い耐性を示すことがわかった。幹細胞がDNA損傷を検知して対応し、正確な遺伝情報が確実に伝搬されるようにする仕組みはほとんどわかっていない。そのため今回の知見は、一部の組織がDNA損傷によって誘導される腫瘍発生と老化に高い感受性をもつことに重要な関係があるかもしれない。

幹細胞は、長期にわたって成体組織中にあって複製を行うので、有害な変異が蓄積するリスクが高い。したがって、DNAが損傷を受けた後に、ゲノムの完全性維持と組織の完全性保存をうまく釣り合わせていくことは、がんや老化を回避しながら組織の代謝回転を確実に行う上で非常に重要である。 C Blanpainたちは、毛嚢幹細胞はDNA損傷後にアポトーシスとして知られる細胞死を起こしにくいことを見いだした。これは、抗アポトーシスタンパク質であるBcl-2の発現が増大し、DNA損傷修復が加速するからである。この修復は、DNA二本鎖切断を修復する非相同末端結合(NHEJ)DNA 修復経路によって行われている。

Stem cells residing in the outer layer of the skin are extremely resistant to cell death following DNA damage, reports a study published in Nature Cell Biology this week. Little is known about how stem cells sense and respond to DNA damage to ensure the transmission of accurate genetic information, so these findings may have important implications for understanding the increased susceptibility of certain tissues to DNA damage-induced tumour development and ageing.

Stem cells are at high risk of accumulating deleterious mutations since they reside and self-renew in the adult tissues for extended periods of time. The balance between the maintenance of genomic integrity and the preservation of tissue integrity following DNA damage is therefore crucial to ensure tissue turnover while avoiding cancer and ageing. Cedric Blanpain and colleagues find that, following DNA damage, hair follicle stem cells are protected from cell death - known as apoptosis. This is due to the increased expression of the anti-apoptotic protein Bcl-2 and to accelerated DNA repair, which is mediated by the non-homologous end joining (NHEJ) DNA repair pathway that repairs double strand damage to DNA.

doi: 10.1038/ncb2059

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度