Research press release

広がる脳腫瘍

Nature Cell Biology

Spreading brain cancer

脳腫瘍の診断が簡単な血液検査によって行えるようになるかもしれない。こうした簡単な検査は、知られている中で最も悪性度の高い脳腫瘍の診断に現在用いられている侵襲的な方法に取って代わる可能性がある。

グリオブラストーマ(神経膠芽腫)は悪性度の極めて高い脳腫瘍で、予後がよくない。腫瘍細胞はマイクロベシクルあるいはエキソソームと呼ばれる、膜で包まれた小さな袋を分泌するが、これには周囲の組織に変化を起こさせるような物質が含まれている。このような小胞は隣接する細胞と融合し内容物を移動させることができ、これが腫瘍の進行につながる。

X Breakefieldたちは、原発巣のグリオブラストーマ細胞が、血管増殖、細胞の増殖や移動、それに免疫系の回避のような、がんの広がりを促進する機能をもつ遺伝物質とタンパク質を含むマイクロベシクルを分泌していることを報告している。そして、グリオーマに関連している2つの特定の分子、EGFRvIIIとmiRNA-21がマイクロベシクル内に存在し、これらが脳腫瘍患者の血液中で検出可能であることを見いだした。

このことから、これらの分子の存在は簡単な血液検査によって突き止められると考えられ、このような方法は非侵襲的ながん診断法として有用だろう。

A simple blood test could be used to diagnose brain cancer, suggests a study published online this week in Nature Cell Biology. This easy procedure could be used as an alternative to the invasive methods currently used to diagnose one of the most aggressive cancers known.

Glioblastomas are highly malignant brain tumours with poor prognosis. Tumour cells release small membrane sacs called microvesicles or exosomes that contain substances capable of altering surrounding tissue. These vesicles can fuse with neighbouring cells and transfer their content leading to the progression of the tumour.

Xandra Breakefield and colleagues report that primary glioblastoma cells release microvesicles containing genetic material and proteins that are involved in cancer-promoting functions. These include growth of blood vessels, cell growth and migration, and evasion of the immune system. The team noted that two specific molecules associated with gliomas, EGFRvIII and miRNA-21, were present in the microvesicles and could be detected in the blood of patients with brain tumours.

This suggests that a simple blood test could be used to identify the presence of these molecules and may be useful as a non-invasive cancer diagnostic.

doi: 10.1038/ncb1800

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度