Research press release

転移を制御するマイクロRNA

Nature Cell Biology

MicroRNA control of metastasis

マイクロRNAの1つのmiR-9が乳がんの広がりや成長を制御していることが報告された。この知見は、miR-9が将来、乳がんの有望な治療標的となる可能性を示唆している。

腫瘍の広がりを促進、あるいは抑制するマイクロRNAは複数見つかっている。R Weinbergたちは、マウスを使った実験で、がん遺伝子であるMycに直接制御されているmiR-9が、接着タンパク質であるE-カドヘリンの濃度調節により乳がん細胞に侵襲を起こさせることを見いだした。miR-9はまた、血管増殖も促進するので、それによって腫瘍への血液補給が増加する。悪性乳がん患者由来の原発腫瘍ではmiR-9濃度が上昇していたので、この経路はヒトのがんでも重要だろうと考えられる。

これに関連したNews and ViewsでG Goodallは、miR-9が神経芽細胞腫などのほかの種類の腫瘍にも重要である可能性と、発生におけるその本来の役割がどういうものなのかを論じている。

The microRNA, miR-9, controls the spread and development of breast tumours reports a study online in Nature Cell Biology this week. This finding suggests that miR-9 may, in future, be a potential target in development of therapies for breast cancer

Several microRNAs have been found to either activate or repress the spread of tumours. Robert Weinberg and colleagues find that miR-9, directly controlled by the oncogene Myc, allows breast cancer cells to become invasive in mice by regulating levels of the adhesion protein E-cadherin. miR-9 also enhanced blood vessel growth, thereby increasing the tumour's blood supply. As miR-9 levels were elevated in primary tumours from breast cancer patients with malignant tumours, this pathway may be important for human cancer.

An accompanying News and Views article by Greg Goodall discusses the possibility that miR-9 may be important for other tumour types, including neuroblastoma, and what its normal role in development might be.

doi: 10.1038/ncb2024

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度