Research press release

がん細胞でのp53活性の調節

Nature Cell Biology

Regulating p53 activity in cancer cells

BRD7タンパク質はp53を活性化して、がん性腫瘍の発症を抑制している可能性がある。p53経路の不活性化はがん発生の一因となるので、転写因子p53は非常に重要な腫瘍抑制タンパク質である。

乳がんではBRD7の発現がみられなくなっていることが多いが、BRD7が腫瘍形成を阻害する仕組みは、現状でははっきりわかっていない。R Agamiたちは、BRD7がp53に結合して活性化することを見いだした。BRD7はまた、染色体中でp53標的遺伝子が存在する箇所の構造の調節もしており、この部位での転写の効率をよくすることができる。このような働きをするBRD7が失われると、培養ヒト細胞中では発がんにつながる形質転換が起こるようになる。

Agamiたちは、200を超えるヒト乳がん標品の分析を行い、BRD7発現が起こらなくなっているのは、機能しているp53を含む腫瘍だけであることを見いだした。この知見から、ヒトがんでのBRD7の選択的喪失がp53経路のサイレンシングを起こす方法の1つであることが示唆され、p53の転写活性調節の仕組みについての手がかりが得られる

The protein BRD7 activates p53 and could therefore suppress the development of cancerous tumours, reports a study online in Nature Cell Biology this week. The transcription factor p53 is a critically important tumour suppressor protein, as inactivation of the p53 pathway contributes to the development of cancer.

BRD7 expression is frequently lost in breast cancer, but it is currently not clear how BRD7 might inhibit tumour formation. Reuven Agami and colleagues show that BRD7 binds to and activates p53. BRD7 also regulates chromatin structure at p53-target genes, enabling more efficient transcription at these sites. As such, BRD7 loss permits oncogenic transformation of cultured human cells.

The researchers analyzed over two hundred human breast cancer samples and found that BRD7 expression was lost only in those tumours that contained functional p53. These findings suggest that selective BRD7 loss in human cancers provides an additional means of silencing the p53 pathway, and provide insight into how p53 transcriptional activity is regulated.

doi: 10.1038/ncb2038

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度