Research press release

リステリア菌の広がりを防止する

Nature Cell Biology

Stopping Listeria spread

細菌の一種であるリステリア菌(Listeria)が感染した細胞から他の細胞へと広がっていく一般的な機序が明らかにされた。この知見は、リステリア菌が関連する胃腸炎などの病気の発症を防ぐ方法を探るのに役立つかもしれない。

Listeria monocytogenesは毒性の高い食事性細菌で、リステリア症の原因である。この菌は健康な人の場合は胃腸炎を引き起こすが、妊娠中の女性や免疫系が弱っている場合にはもっと深刻な感染症につながる。

感染したリステリア菌は宿主の細胞内で増殖するが、そこからほかの細胞に感染が広がる機序ははっきりしていなかった。K Iretonたちは、リステリア菌が発現するある種の分子が感染宿主細胞膜の「張り」をゆるめ、細菌が膜を押し出して別の細胞へと広がるのを助けていることを見いだした。これは、感染の際に細菌が細胞間で伝播するのを促進する一般的な機序である可能性がある。

A common mechanism by which Listeria, a type of bacteria, spreads from cell to cell during infection is reported online this week in Nature Cell Biology. The finding could prove useful in looking at ways to halt the development of diseases linked to Listeria, such as gastroenteritis.

Listeria monocytogenes is a highly virulent foodborne bacteria. It is responsible for listeriosis, which is linked to gastroenteritis in healthy individuals and more serious types of infections in pregnant women and those with weak immune systems.

During Listeria infection, bacteria replicate inside host cells, but it was unclear how the bacteria could then spread to infect other cells. Keith Ireton and colleagues show that certain molecules expressed by Listeria loosen the 'tension' of the membrane in infected host cells, allowing the bacteria to protrude and spread between cells more easily. This may be a common mechanism by which infectious agents promote cell-to-cell spreading during infection.

doi: 10.1038/ncb1964

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度