Research press release

がんの転移を防ぐCHIP

Nature Cell Biology

CHIPing away at cancer metastasis

CHIPと呼ばれる酵素が乳がんを抑制することがわかった。この酵素の標的の 1つはSRC-3として知られるタンパク質で、これは乳がん治療の新しい分子標的として有望だと考えられる。

固形がんの多くは転移し、原発部位からひろがっていく。治療の失敗や、がんによる死亡の主な原因は転移である。そこで、転移に必要な分子経路を標的とする薬剤の設計にまた関心が集まるようになってきている。

柳澤純たちは、いくつかの発がん性タンパク質を分解することが知られているCHIPが、遺伝子調節因子であるSRC-3も分解するように働き、これによって乳がんの進行が抑制されることを報告している。乳がんのマウスモデルでは、CHIPの発現は転移形成を阻害するが、CHIPを欠失させるとがんの進行が促進された。CHIPが失われた細胞では、複数のがん関連タンパク質の発現が増大し、がん細胞の特徴である浸潤性の増大と制御を受けない増殖が見られるようになった。

CHIPのがん抑制的な働きはSRC-3の分解によっているので、SRC-3は乳がんにおける新たな治療標的になると考えられる。

Scientists have uncovered that an enzyme called CHIP suppresses breast cancer. The research, online in Nature Cell Biology, suggests that a target of the enzyme known as SRC-3 represents a promising new molecular target for this cancer.

Many solid tumours form metastases, where the cancer spreads from its site of origin - this is the main reason for therapeutic failure and cancer mortality. As such, there is a renewed focus on designing drugs that target molecular pathways required for metastasis.

Junn Yanagisawa and colleagues report that CHIP, which is known to degrade a number of cancer causing proteins, also acts to degrade the gene regulator SRC-3, which then suppresses tumour progression in breast cancer. In a mouse model, CHIP expression inhibited metastasis formation, while its deletion accelerated the process. Loss of CHIP leads to increased expression of a number of cancer associated proteins, causing cells to become invasive and to grow in an uncontrolled manner, both attributes of cancer cells.

Since SRC-3 accounts for the cancer suppressive role of CHIP, it presents a new therapeutic target for breast cancer.

doi: 10.1038/ncb1839

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度