Research press release

細胞の寿命を延ばすスペルミジン

Nature Cell Biology

Inner workings of extending cell life

ヒトが老化するにつれて本来なら濃度が低下していくスペルミジンという分子を投与してやると、細胞の寿命が大幅に延びることがわかった。この知見は、特定の細胞種での寿命を延ばす仕組みを明らかにしている。

哺乳類細胞では、老化に伴ってさまざまな生化学的変化が起き、その1つが細胞に含まれるタンパク質分子であるスペルミジンの濃度低下である。スペルミジンは細胞の増殖と成熟に必要なことが知られているが、これが減少すると老化が起こるのか、それとも老化の結果として減少が起こるのかははっきりわかっていなかった。

F Madeoたちはショウジョウバエ、線虫と酵母にスペルミジンを投与すると、これらの生物の寿命が延びることを見いだした。また、スペルミジンをヒト免疫細胞の培養液に加えても、同様に細胞の寿命が延びるとわかった。この知見は、スペルミジンは細胞に対して寿命延長効果があり、ひいては生物の寿命も延ばすだろうことを示唆している。この効果はスペルミジンが、細胞の「クリーンアップ」を行う代替的な機序を開始させるためである。スペルミジンは、損傷を受けた細胞にプログラムされた細胞死を開始させるのでなく、細胞内で生じた不必要な物質やおそらくは損傷で生じた破片のようなものを取り除く経路を作動させるのである。

Administrating a molecule that naturally decreases in concentration during human aging significantly extends the cellular lifespan. This finding, published online in Nature Cell Biology, sheds light on how to extend longevity in specific cells.

Aging is associated with various biochemical changes in mammalian cells, such as the decrease of the molecule spermidine within cells. Spermidine is known to be necessary for cell growth and maturation; however it was unclear if its decrease was the cause or consequence of aging.

Frank Madeo and colleagues found that administered spermidine to flies, worms and yeast extended the lifespan of these organisms. Similarly, they found that addition of spermidine to culture medium prolonged the lifespan of human immune cells. ?The findings of the team suggest that spermidine has this effect on cells and ultimately organisms because it provides an alternative mechanism for cellular "clean up". Instead of a damaged cell initiating programmed cell death, spermidine sets in motion a pathway that discards unnecessary and potentially damaging debris within the cell itself.

doi: 10.1038/ncb1975 | 英語の原文

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

注目のハイライト

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

プライバシーマーク制度