Research press release

DNA損傷応答を微調整して生き残る細胞

Nature Cell Biology

Fine-tuning the DNA damage response for survival

DNAとタンパク質からなる不活性な複合体の特別な部分が、異常が生じた細胞が生き残るための巧妙な仕組みとして働いている可能性が出てきた。この知見はがんにかかわりがあるかもしれない。

DNA損傷は細胞死のきっかけとなり、細胞分裂が停止するが、こういう細胞は休眠状態となって生き続けており、この状態は細胞老化と呼ばれる。老化した細胞の特徴はSAHF(Senescence-associated heterochromatic foci)と呼ばれる大型のDNA・タンパク質複合体が存在することだが、この複合体の機能はわかっていなかった。

F d’Adda di Fagagnaたちは、SAHFが細胞のDNA損傷応答のレベルを制御していることを見いだした。SAHFが存在すると、損傷を受けたDNAに対する応答が致死的レベル以下に低下し、細胞は分裂を停止して老化するが、死ぬことはない。その結果、こうした細胞は時間が経つうちにさらに別の変化を起こして、それによって老化による増殖停止を乗り越えて細胞分裂を再開できるようになり、それががんにつながる可能性が考えられる。

SAHFがヒトがんで見つかり、SAHFをがん細胞から除去する化合物はDNA損傷応答も増強し、細胞死を増やすのは、この考え方と一致する。著者たちは、これらの知見はがん研究にとって重要であり、治療に使えるかもしれないと考えている。

Specialised large regions of inactive DNA and protein complexes may provide a sophisticated mechanism for defective cells to survive, reports a paper published online this week in Nature Cell Biology. These findings could have potential implications in cancer.

DNA damage triggers cells to die, or to stop dividing but remain alive in a dormant state known as cellular senescence. Senescent cells are marked by large-scale inactive DNA and protein complexes, known as Senescence-associated heterochromatic foci (SAHF), the function of which has remained unclear.

Fabrizio d’Adda di Fagagna and colleagues find that SAHF controls the level of the cell’s response to DNA damage. The presence of SAHF dampens the response to damaged DNA to sublethal levels, permitting cells to stop dividing and become senescent rather than die. The implication is that such cells could acquire additional changes over time, allowing them to bypass the proliferative arrest of senescence and to resume cell division, leading to cancer.

In accordance with this idea, SAHF is found in human cancers and a compound that removes SAHF from cancer cells also potentiates the DNA damage response and increases cell death. The researchers propose that these findings may prove important for cancer research, as they could be therapeutically exploited.

doi: 10.1038/ncb2170

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度