Research press release

体細胞の再プログラム化を妨げるRNA

Nature Cell Biology

An RNA barrier to reprogramming of somatic cells

miR-34と呼ばれる低分子RNAが、多能性に関連する遺伝子の活性化を妨げることが報告された。この研究ではまた、miR-34の作用を阻害すれば再プログラム化の効率が上がる可能性が示唆されている。

受精卵が発生を続けて生物になる際には、多能性幹細胞は肺細胞、血液細胞や神経系の細胞などのさまざまな種類の細胞に分化する。実験的には、多能性に関連する遺伝子のうちの特定のものを組み合わせてこのような分化した細胞で発現させてやれば、分化した細胞を多能性状態に戻すことが可能で、この過程は再プログラム化と呼ばれている。腫瘍形成を抑制するタンパク質の1つであるp53は以前に、分化した細胞が多能性状態に戻る能力を抑制することが明らかになっている。L Heたちは、p53がmiR-34の発現を誘導することを見いだした。さらに、miR-34をコードしている遺伝子配列を欠失させると再プログラム化の効率が上昇し、再プログラム化された細胞の多能性状態あるいは増殖状態に障害はないことが示された。

これらの知見は、研究用の幹細胞を実験的作製能力に関係してきそうだ。

A small RNA called miR-34 impedes the activation of pluripotency-associated genes, reports a paper published online in Nature Cell Biology this week. The work goes on to suggest that inhibiting the action of this RNA may increase the efficiency of reprogramming.

During the development of a fertilized egg into an organism, pluripotent stem cells differentiate into various cell types, including lung cells, blood cells and cells of the nervous system. Differentiated cells can be changed back to the pluripotent state in the laboratory by inducing the expression of a specific set of pluripotency-associated genes in a process called reprogramming. p53, a protein that suppresses tumour formation, has previously been shown to repress the ability to revert differentiated cells into the pluripotent state. Lin He and colleagues found that p53 induces the expression of miR-34. They then showed that deletion of the genetic sequence that encodes miR-34 increased reprogramming efficiency without compromising the pluripotency or proliferation status of the reprogrammed cells.

These findings could have implications for the ability to make stem cells in the laboratory for use in research.

doi: 10.1038/ncb2366

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度