Research press release

受容体の細胞内での局在場所の変化が腫瘍発生を促す

Nature Cell Biology

Altered receptor localization promotes tumorigenesis

Metという受容体に変異が生じて、この受容体の細胞内での局在場所が変わると、腫瘍の形成と拡がりが促進されることが報告された。したがって、Met変異体が細胞内に蓄積するのを阻害してやれば、ある種の腫瘍の治療法につながるかもしれない。 Metは主に細胞膜に存在している。だが、S Kermorgantたちはがんに関連して見られるMet変異体の1つは、細胞内の特別な構造に存在することを見いだした。この変異受容体を発現している細胞は腫瘍を形成することがあるのがわかり、このMet局在場所の変化ががんの発生と拡大を助けている可能性が示唆された。さらに、このような細胞はMet阻害剤に感受性を示さないが、腫瘍の形成はMetの細胞内局在を阻害する薬剤で防止されることもわかった。 今回の結果は、Metが細胞のどこに局在するかが、Metの腫瘍発生とその拡大を促進する性質の重要な部分であることを示している。Metの細胞内での「移送」を標的として阻害する化合物ならば、Metが引き起こすがんの一部に効果があると考えられる。

Mutations in a receptor, known as Met, that alter its location within a cell can promote tumour formation and spreading, reports a paper online this week in Nature Cell Biology. Blocking the intracellular accumulation of mutant Met may therefore open a new avenue for therapeutic intervention in certain tumours.

Met is found predominately at the membrane that encircles a cell, but Stephanie Kermorgant and colleagues detected a cancer-associated mutant of Met that instead was present on specific structures within the cell. They found that cells expressing this mutant receptor could form tumours, suggesting that this altered localization could support the development and spread of cancer. The team discovered that although these cells were insensitive to a Met inhibitor compound, their tumourigenic properties were blocked by drugs that inhibit Met’s intracellular localization.

These results show that the localization of Met is an important part of its ability to promote the development and spread of tumours. They suggest that compounds that target Met ‘trafficking’ within a cell could have beneficial effects in certain Met-driven cancers.

doi: 10.1038/ncb2257

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度