Research press release

褐色脂肪への分化と筋肉への分化のバランスをとるマイクロRNA

Nature Cell Biology

MicroRNAs balance good fat and muscle differentiation

マイクロRNAファミリーに属する小型の非コードRNAが、褐色脂肪組織の形成を促進することが報告された。哺乳類では、褐色脂肪は脂質を燃焼して熱を産生しており、肥満を防止する可能性があるので、今回の知見は肥満や肥満に関連した疾患の治療法開発に役立つかもしれない。

脂肪細胞の一種である褐色脂肪細胞は、筋肉または脂肪のどちらにもなりうる前駆細胞の分化によって生じると考えられている。H Lodishたちは、褐色脂肪細胞が発生する際には、マイクロRNAのmiR-193bとmiR-365の発現が増大することを見いだした。これらのマイクロRNAの機能を阻害すると、褐色脂肪細胞の発生が停止し、その一方で筋肉に関連するマーカーの発現が誘導されることもわかった。逆に、これらのマイクロRNAの発現を増大してやると細胞では筋肉への分化プログラムが停止し、褐色脂肪細胞の形成が増加した。

miR-193bとmiR-365が肥満治療の標的になるかどうかを明らかにするには、これらのマイクロRNAの性質を動物モデルでさらに調べる必要があるだろう。

Small noncoding RNAs of the microRNA family promote the formation of brown fat tissue reports a paper in Nature Cell Biology this week. As brown fat burns lipids to produce heat and may also prevent obesity in mammals, these findings could be used to develop therapeutic strategies against obesity and related disorders.

Brown fat cells, known as adipocytes, are thought to arise from the differentiation of progenitors that can become part of either muscle or fat. Harvey Lodish and colleagues find that the expression of microRNAs miR-193b and miR-365 is upregulated during the development of brown fat. They show that blocking the function of these microRNAs impairs brown fat development while inducing the expression of muscle-associated markers. Conversely, inducing high expression of the microRNA blocked the muscle differentiation programme in cells and enhanced the formation of brown adipocytes.

The microRNAs will need to be further characterized in animal models to identify therapeutic targets against obesity.

doi: 10.1038/ncb2286

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度