Research press release

作物の根に巣くう害虫のゲノム解読

Nature Biotechnology

Crop-infesting worm sequenced

植物に寄生する線虫の遺伝子構造が解明された。植物に規制する多細胞動物としては初めてのゲノム解読であり、性のない動物の生活環についての最初の手がかりとなる。このネコブ線虫の雄は、生殖にまったく遺伝的寄与をしない。

寄生性の線虫による作物への被害は世界で毎年約1000億ユーロ(1570億ドル)に上るが、線虫対策のために使われる化学物質はヒトや環境に対する毒性が強いことで知られている。

欧州と米国の27の研究機関に属する54人の科学者が参加するコンソーシアム(研究共同体)が、サツマイモネコブセンチュウのゲノムを解読、解析した。この線虫はトマトやワタ、コーヒーなど、多くの重要な作物の根に寄生する特に被害の大きい微小な線虫である。

科学者チームは、この線虫の遠い親戚にあたり、発生生物学者たちによって詳しく研究されている非寄生性の線虫C. elegansについての知見を参考にして、植物の根をのっとって利用するというサツマイモネコブセンチュウ特有の能力について明らかにした。C. elegansの生存に必要であることが知られていて、しかもサツマイモネコブセンチュウにも存在する遺伝子は、より環境にやさしい線虫対策の優れた標的になる可能性がある。

The genetic makeup of a plant-parasitic nematode worm is revealed online this week in Nature Biotechnology. It is the first genome of a multicellular animal known to be a plant parasite and offers an initial glimpse into animal life without sex―males of this species of root knot nematode make no genetic contribution to reproduction.

Parasitic roundworms cause global crop losses amounting to around ?100 ($157) billion annually and the chemicals used to control them are notoriously toxic to humans and the environment.

A consortium of 54 scientists from 27 laboratories in Europe and the USA has sequenced and analyzed the genome of the Southern root-knot nematode―a particularly destructive microscopic worm capable of infesting the roots of many important crops, including tomato, cotton and coffee.

The team relied substantially on knowledge of C. elegans―a distant non-parasitic relative studied intensively by developmental biologists?in discerning the unique aptitudes of the worm for hijacking plant roots for its own benefit. Genes known to be essential for survival of C. elegans and which are also found in the nematode may be excellent targets for more environment-friendly nematode control strategies.

doi: 10.1038/nbt.1482

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度