Research press release

アンチRNA療法が、乳がんの広がりを抑える

Nature Biotechnology

Anti-RNA therapy counters breast cancer spread

がんの転移による拡散を防ぐ新しい治療法が、乳がんのマウスモデルで明らかになった。ヒトで試験する前に安全性や効果をさらに研究する必要があるが、この研究は原理証明であり、これがいつか乳がんの効果的な治療法になる可能性がある。

がんに関連した死亡の大多数は転移によるものだが、このような二次腫瘍をもつ患者のための治療法開発を妨げる要因がいくつかある。1つの問題は、がんの浸潤、進行にかかわる分子機構の解明が不十分なことで、そのため治療介入の標的が決められない。最近、ある種の核酸分子(マイクロRNA(miRNA)とよばれる)が関心を集めている。これは、正常細胞で遺伝子発現の制御に重要な役割を果たしていて、病気の発生や進行にもかかわっており、なかには、がんの転移形成の主要な調節因子となっているものもある。また、最近アンタゴmir(miRNA阻害剤)とよばれる新しい種類の薬が報告されている。これは細胞の特定のマイクロRNAに結合する能力をもつ核酸分子で、この相補的マイクロRNAを分解させる。

R Weinbergたちは、がんの転移の治療にアンタゴmirが利用できる可能性を明らかにした。アンタゴmirを静脈注射して転移促進性マイクロRNAを阻害することにより、マウスの侵襲性乳がんからの新たな転移巣の形成が妨げられた。このアンタゴmir療法は、一次腫瘍や転移が成立してできた病巣には効果を示さないが、新たに形成される転移巣の数は80%も減少させる。

A new type of therapy that prevents the metastatic spread of breast cancer in a mouse model of breast cancer is presented online this week in Nature Biotechnology. Although the safety and efficacy of this therapy needs to be researched before testing in humans, the study provides a proof of principle that could one day prove beneficial for treating breast cancer.

Metastasis is responsible for the vast majority of cancer related deaths, but several factors have hampered the development of therapeutics for patients with these secondary tumors. One problem has been insufficient understanding of the molecular mechanisms involved in cancer invasion and progression, as well as a resulting lack of targets for therapeutic intervention. Recently, there has been a focus on a class of nucleic acid molecules ― called microRNAs ― that are important in controlling the expression of genes in normal cells, but are also implicate in the development and progression of disease. Some microRNAs are key regulators of metastasis formation. In addition, a new type of drug termed antagomirs ― which are nucleic acid molecules capable of binding to complementary microRNA sequence ― have recently been described that can target specific cellular microRNAs for destruction.

Robert Weinberg and colleagues now show the feasibility of using antagomirs in cancer metastasis treatment. By inhibiting a pro-metastatic microRNA with intravenously injected antagomir, they prevent the establishment of new metastases from aggressive breast tumors in mice. Their antagomir therapy has no effect on the growth of the primary tumor or on established metastases, but reduces the number of newly formed metastases by about 80%.

doi: 10.1038/nbt.1618

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度