Research press release

危険なほどの重力は星とブラックホールの関係を燃え上がらせる

Nature Astronomy

Fatal attraction burns bright between star and black hole

今週のオンライン版で発表される論文によると、大質量の回転しているブラックホールが、非常に近いところをさまよった星を引き裂くところが捉えられた。このシナリオは、昨年チリの自動化された望遠鏡によって検出された明るいフレアの原因に関する最新の解釈である。

天文学者たちはこの事象(ASASSN-15lh と名付けた)を当初は超新星爆発に分類したが、実際はこれまで観測された最も明るい事象だった。しかし、Giorgos Leloudasたちは継続的な観測から、その事象がブラックホールの重力的な影響によって分裂している星であるという、別の説明を提案した。これらのいわゆる潮汐破壊事象の多くはこれまでも観測されているが、著者はこの例が最も明るいものと評価されると指摘した。

研究チームは10か月間の観測計画を実行し、これらのデータとハッブル宇宙望遠鏡やスウィフトガンマ線バーストミッション、それに地上に設置された望遠鏡から集められた追加データを結びつけた。研究チームはこのデータから、フレアはブラックホールが存在すると予測されている銀河のまさに中心部を起源とすることを示した。研究チームは、親銀河が大質量で、現在の星形成活動が見られないことは、超新星爆発と矛盾することも指摘している。

A massive, spinning black hole has been caught in the act of tearing apart a star that wandered too close, according to a paper published online in Nature Astronomy this week. This scenario is the latest interpretation behind a bright flare that was detected by an automated telescope in Chile last year.

Astronomers initially classified this event (named ASASSN-15lh) as a supernova explosion - indeed, the most luminous ever observed. However, continued observations led Giorgos Leloudas and colleagues to propose an alternative explanation for the event: a star disintegrating under the gravitational influence of a black hole. Many of these so-called tidal disruption events have been observed previously, but the authors note that this instance would rank as the brightest.

The team undertook a 10-month observing campaign and combined their observations with additional data gathered from the Hubble Space Telescope, the Swift Gamma-Ray Burst Mission and ground-based telescopes. Based on this data, they argue that the flare originated from the very centre of a galaxy - where one would expect a black hole to reside. They also note that the host galaxy’s high mass and lack of current star-forming activity is not consistent with a supernova explanation.

doi: 10.1038/s41550-016-0002

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度