Research press release

加齢:イングランドの50歳時点での平均余命の伸びは健康余命の伸びを上回る

Nature Aging

Ageing: Life expectancy to outpace healthy working life expectancy in England

イングランドでは、2015年から2035年までの健康労働寿命指標の伸びが、平均余命の伸びよりも緩やかになるという予測を示した研究について報告する論文が、Nature Aging に掲載される。この知見は、健康余命を引き上げるために役立つ政策措置を明らかにする必要性を明確に示している。

ヨーロッパでは、数か国の公的年金の受給開始年齢が、平均余命の上昇予測に合わせて引き上げられるように設定されている。しかし、高齢者の寿命が伸びても、健康に過ごし、働ける期間は、必ずしも同じ割合で伸びるわけではない。

今回、Marty Lynchたちは、1996~2014年に収集された死亡統計データと健康調査データを用いて、イングランドの50~75歳の男女について、50歳時点での平均余命と健康労働寿命指標(50歳以降に健康に生活して働ける平均年数の予測値)の将来の変化傾向を予測した。その結果、50歳時点での平均余命は2015年から2035年までに1年当たり平均10.7週(男性)と6.4週(女性)伸びると予測されたのに対して、健康労働寿命指標の伸びは、1年当たりわずか1週(男性の平均値)と2.8週(女性の平均値)になると予測された。

Lynchたちは、今回の研究では、イングランドで平均余命と健康労働寿命指標の差が広がると予測され、労働者の健康と福祉を支援する追加的な政策措置の重要性が強調されたと結論付けている。ただし、今回の研究で、こうした差が生じる原因に関する知見は得られなかった。

Healthy working life expectancy in England is predicted to increase at a slower pace than overall life expectancy up to 2035, according to a study in Nature Aging. This finding highlights the need to identify measures to help promote a healthy working lifespan.

The state pension age in several European countries is set to increase in line with projected increases in life expectancy. However, although lifespan has increased, the period that older people spend in good health and are able to work has not necessarily extended at the same rate.

Marty Lynch and colleagues used mortality and health survey data collected between 1996 and 2014 to project future trends in life expectancy and healthy working life expectancy — defined as the average number of years from age 50 that people can expect to be healthy and in work — for men and women aged between 50 and 75 years old in England. The authors forecast that life expectancy gains from age 50 will average 10.7 weeks and 6.4 weeks per year for men and women, respectively, between 2015 and 2035. Gains in healthy working life expectancy, however, are projected to average only 1 week for men and 2.8 weeks for women per year during this same period.

The findings project a widening gap between life expectancy and healthy working life expectancy in England, highlighting the importance of additional policy measures to support workers’ health and wellbeing, the authors conclude. The study does not, however, provide insights into the drivers of this observed discrepancy.

doi: 10.1038/s43587-021-00161-0

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度