2018年創刊!投稿募集中

Communications Physics は、Nature Researchが提供するオープンアクセス・ジャーナルで、物理科学の全分野における高品質な論文・総説・論評を出版します。本ジャーナルで出版される論文は、物理学の特定の研究分野に新たな知見をもたらす重要な進展情報です。また、専門分野にかかわらず、全ての物理学者にとって重要な課題を審議するフォーラムを提供することを目指します。

創刊についてのプレスリリース

ツイッターでジャーナルの最新情報をキャッチ!

著者インタビュー

最新Research

超伝導量子プロセッサーによるパリティ-時間対称性の破れの量子シミュレーション

Quantum simulation of parity–time symmetry breaking with a superconducting quantum processor

掲載

量子物理学では、オブザーバブルはエルミート的であると一般的に考えられているが、正の実固有値を持つ非エルミート系の例が、特に開放系の中にいくつか存在する。今回、補助キュービットを含む拡張手順を用いて、超伝導量子プロセッサーで非エルミートハミルトニアンの発展がシミュレートされ、例外点におけるパリティ-時間対称性を破る相転移が観測されている。

その他の「最新Research」

Communications Physics注目のハイライト

その他のハイライト

投稿の手引き

論文著者の皆様へ、Communications Physics に関する投稿方法をご案内いたします。

投稿案内

投稿サイト

プライバシーマーク制度