Communications Physics

2018年創刊!投稿募集中

Communications Physics は、Nature Researchが提供するオープンアクセス・ジャーナルで、物理科学の全分野における高品質な論文・総説・論評を出版します。本ジャーナルで出版される論文は、物理学の特定の研究分野に新たな知見をもたらす重要な進展情報です。また、専門分野にかかわらず、全ての物理学者にとって重要な課題を審議するフォーラムを提供することを目指します。

創刊についてのプレスリリース

ツイッターでジャーナルの最新情報をキャッチ!

著者インタビュー

最新Research

非連続的ずり粘化流体における流動から破壊への転移とパターン形成

Flow-to-fracture transition and pattern formation in a discontinuous shear thickening fluid

掲載

密度の高い紛粒系における非連続的なずり粘化転移の根底にある微視的な機構は、まだ議論の的になっている。今回著者たちは、閉じ込めたトウモロコシ澱粉懸濁液を用いたHele-Shawセル実験における侵入パターンの形状の特徴を明らかにすることによって、この転移を調べている。

高透過率原子接点における単一チャネルジョセフソン効果

Single channel Josephson effect in a high transmission atomic contact

掲載

超伝導体の多くの特徴がジョセフソン効果にエンコードされており、局所レベルでの変化の解明が、関連現象の説明に役立つ可能性がある。今回著者たちは、走査型トンネル顕微鏡法を用いて、ジョセフソン効果の局所的な変化と、そうした変化と輸送チャネルの構造がどのように関連しているかを調べている。

その他の「最新Research」

Communications Physics注目のハイライト

その他のハイライト

投稿の手引き

論文著者の皆様へ、Communications Physics に関する投稿方法をご案内いたします。

投稿案内

投稿サイト

プライバシーマーク制度