Research press release

最上位の大型サメの個体数が過去半世紀にわたり減り続けている

Communications Biology

Large apex sharks have declined over the past half century

オーストラリア東海岸沖に生息するサメの個体数が過去55年にわたって減り続けており、規模の回復を示す証拠がほとんど見られないことを報告する論文が、今週Communications Biology に掲載される。この知見は、サメの規制プログラムと保全活動にとって重要な意味を持つ可能性がある。

1962年に創設されたQueensland Shark Control Program(QSCP)は、ヒトとサメの危険な相互作用を最小限に抑えることを目的としたサメ規制プログラムである。現在、このプログラムの適用対象はオーストラリアの海岸線1760キロメートルに及んでおり、これまでに約5万匹のサメが捕獲された。しかし、サメ規制プログラムが海洋生態系に及ぼす長期的影響については分かっていない。

今回、George Roffたちの研究グループは、QSCP で55年にわたって毎日収集された4つの大型サメの分類群(シュモクザメ、メジロザメ、イタチザメ、ホホジロザメ)のデータを解析した。その結果、これらのサメの個体数が大幅に減少しており、とりわけシュモクザメとホホジロザメの減少率は92%に達していることが判明した。また、このデータからは、サメの成体が小型化し、個体群自体が脆弱になっていることも分かった。さらにRoffたちは、サメの個体数減少の原因として最も可能性の高いのが乱獲であることも明らかにした。

近年クイーンズランド州とニューサウスウェールズ州では、何もしていないのにサメに攻撃されたという事例が増えているが、RoffたちによるQSCPのデータの解析結果から、一般的な認識に反し、その原因はサメの個体数の回復ではないという結論が示唆されている。今回のデータは、サメの個体数が過去の基準値と比べて大幅に減少した時に、ヒトとサメの相互作用が見かけ上増えることを示しているのだ。

Shark populations off the east coast of Australia have been declining over the past 55 years and show little evidence of recovery, reports a studied published this week in Communications Biology. These findings may have implications for shark-control programs and conservation efforts.

The Queensland Shark Control Program (QSCP) was established in 1962 with the aim of minimizing dangerous shark-human interactions. It now spans 1,760 km of Australian coastline and has caught nearly 50,000 sharks to date. However, long-term effects of shark control programs on the marine ecosystem are unknown.

George Roff and colleagues analysed data for four large shark groups - hammerhead sharks, whaler sharks, tiger sharks, and white sharks - collected daily for over 55 years by the QSCP. The authors found substantial declines in the abundance of sharks, including a 92% decline for hammerhead and great white sharks. The data also showed that the sizes of adult sharks have declined, which makes the populations vulnerable. In addition, the authors found that the most likely cause of shark population declines is overfishing, rather than environmental changes.

The authors’ analysis of the QSCP data implies that, contrary to the general perception, recent increases in unprovoked shark incidents in Queensland and New South Wales are not due to recovering shark populations. The data suggests that apparent increases in human-shark interactions are occurring at a time when shark populations are severely depleted compared to historical baselines.

doi: 10.1038/s42003-018-0233-1

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度