Communications Biology について

Communications Biology は、Nature Researchが提供するオープンアクセス・ジャーナルで、生物科学の全分野における高品質な論文・総説・論評を出版します。本ジャーナルで出版される論文は、特定の研究分野に新たな生物学的知見をもたらす重要な進展情報です。また、専門分野にかかわらず、全ての生物学者にとって重要な課題を審議するフォーラムを提供することを目指します。

本ジャーナルの対象は、生物学と生物医学の基礎研究全てです。Communications Biology が出版する主な研究は、新規な実験結果、二次データ分析、革新的な実験・演算手法などです。また、例えば化学生物学、生物物理学、生物工学など、その分野の発展が生物学者から大きな関心を集めるような隣接研究分野からの論文も受け付けます。

論文の投稿、審査プロセスを管理するのは社内の専門エディター陣です。彼らは生命科学の全領域において技術的専門知識を有する専門編集委員会メンバーのサポートを受けます。我々は、重要な研究成果の迅速な普及を目指します。論文は、投稿から出版までの時間を短縮し、継続的に掲載していきます。

Communications Biology で論文を出版するには、いくつかの一般的基準を満たす必要があります。

一般的に、特定分野の思考に影響を及ぼす可能性があると判断できる進展情報であれば出版基準を満たすものとします。

詳細に関しては、以下をご覧ください。

「Journal home」へ戻る

プライバシーマーク制度